スポンサードリンク

cp+2020の出展メーカーと会場レイアウトが確定、新製品発表の噂まとめ

Pocket
LINEで送る

CP+2020の公式ページが更新され、開催のお知らせに関するプレスリリースが公開されました。例年通りのパシフィコ横浜を会場にして、2月27日〜3月1日に開催されるということです。

 

プレスリリース

一般社団法人 カメラ映像機器工業会(CIPA)[代表理事会長:真栄田 雅也 所在地:東京都港区芝 浦3-8-10 MA芝浦ビル]は、2020年2月27日(木)~3月1日(日)に総合的カメラ映像ショー、CP+ (シーピープラス)2020をパシフィコ横浜および大さん橋ホールにて開催いたします。
Via : カメラと写真映像の ワールドプレミアショーシーピープラス 2020開催のお知らせ

 

キャッチフレーズ

今年のCP+2019と同じで『写真のわくわくに出会おう!』です。

コンセプト

見ると今年は3つのターゲットが設定されているようです。

  1. スポーツと写真・映像にフォーカスした催し
  2. ミレニアル世代(20〜30代)の女性をターゲット、限定セミナーの開催
  3. 初心者向けの説明員を配置

ということで、上級者、女性、初心者の皆さんが楽しめるイベントになっているようです。

デジカメWatchさんが説明会のレポートを掲載されています。

“CP+2020では、CP+2019に引き続いて新規来場者の増加を目指す方向性を継続。特に20〜30代の若年層と、女性の割合を増やす方針に変更はない。メインコピーも前回と同じく「写真のわくわくに出会おう!」となっている。”
Via ‘ CP+2020、テーマは「ライト層の取り込み」 – デジカメ Watch (https://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/1225421.html)

会場レイアウト

数年前にメーカー勢力の大きな変化があり、それがCP+のブースにも反映されていましたが、ここ2、3年は安定した構成のようで、各メーカーの配置が入れ替わっていますが、大きな変化は無いようです。

 

昨年も記事にさせて頂いたので、これまでのブースのイメージを並べておきます。

2019年

CP+ 2019 レイアウト

 

2018年

 

2017年

 

2016年

CP+ 2016

 

昨年の入場者が7万人をほんの少し下回ったのですが、今年の目標は7万人ということです。

個人的には今年の東京モーターショーがファミリーやクルマ好き以外の方が興味を示すようなイベントにすることで大幅な入場者数増加となったようになれば良いと思いますので、CP+も目標を達成出来れば良いですね!

そして、新製品どのような新製品がCP+に向けて発表されるのでしょうか?噂として流れている記事を纏めてみました。

Canon

SONY

Nikon

SIGMA

FUJIFILM

OLYMPUS/Panasonic

Zeiss

個人的にはSIGMAのフルサイズFOVEONが発表されることを期待しています!

 

写真の上達には近道がある カメラの使い方より大切な「見る力」を身につける方法

写真の上達には近道がある カメラの使い方より大切な「見る力」を身につける方法

重盛 明人
1,540円(12/01 14:20時点)
発売日: 2018/12/11
Amazonの情報を掲載しています
写真が上手くなりたいなら覚えるべき50の掟 (玄光社MOOK)

写真が上手くなりたいなら覚えるべき50の掟 (玄光社MOOK)

秦 達夫, 鹿野 貴司
1,650円(12/01 18:56時点)
発売日: 2014/09/29
Amazonの情報を掲載しています

 

Pocket
LINEで送る

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ
スポンサードリンク

cp+2020の出展メーカーと会場レイアウトが確定、新製品発表の噂まとめ」への3件のフィードバック

コメントを残す