スポンサードリンク

「写真のわくわくに出会おう」CP+2019の各社ブースのレイアウト今年は安定

Pocket
LINEで送る

今年もパシフィコ横浜で2月28日〜3月3日のひな祭りの日まで開催される「カメラと写真映像のワールドプレミアショー」CP+2019の展示内容が固まっています。

HPのイメージ画像を見ると女子の方がスマホのようにも見えるコンパクトカメラ?のようなモノで撮影されていますね。

キーワードは“スマホで十分”な方から、プロフォトグラファーまで。ということで、スマホユーザーの方も来場して頂きたいということですね。

“スマホで十分”な方から、プロフォトグラファーまで。 シーピープラスは“写真のある生活”を送るすべてのかたが、 カメラと写真の楽しみ方をあらゆる角度で体感できる総合イベントです。 目玉の製品展示をはじめとして、ためになるセミナーや楽しいイベント、 参加型写真展や写真集販売、中古カメラやフォトアクセサリーの販売など、 パシフィコ横浜と大さん橋ホールの2会場で、もりだくさんの4日間です。
Via : CP+2019 カメラと写真映像のワールドプレミアショー「CP+(シーピープラス)」

こちらが昨年のイメージ画像、女子の方が持たれているカメラはトイカメラっぽいですがクラシックなカメライメージでした。

 

次に恒例の(^^レイアウトを見てみます。

今年はすごく自然な感じですね。

 

CP+ 2019 レイアウト
CP+ 2019 レイアウト

 

CanonとNikonの2強がバランス良く左右に振り分けられ、その間にPanasonicさんが上手く緩衝地帯になっているかと、、、、

SONY、Nikon、Panasoni、Canon、FUJIFILMが奥の名エリアに連なっていますがそれらの面積X面積単価(中央の方が高い?)はあまり変わらないような感じがします。(あくまで予測ですw)

 

2016年〜2018年にかけてレイアウトが大きく替わっていましたが、今年はCP+2018年と基本が変わらないレイアウトで定着という感じでしょうか。

こちらがCP+2018のレイアウト

 

一方、CP+2018からCP+2019で、出入り口が2箇所→3箇所になりよりアクセスしやすくなっているのが嬉しいです。やはり中央に出入り口があった方が便利ですしね。

ということもあり出入り口近くにブースを構えられている OLYMPUSさんがちょっと方針を変更されたようです(^^

 

こちらがCP+2017のレイアウト図、SONYがいきなり中央で最大のブースを構えられたのが印象的でした。

CP+ 2017

 

こちらがCP+2016のレイアウト、CanonとNikonが大きく中央を陣取り展示の中心というこれまでのカメラ業界勢力図を表していましたね。

CP+ 2016
CP+ 2016

 

ということで、話は長くなりましたがw 当然私も行ってみようと思います。

個人的な注目としては、1月24日発表されるPanasonicのフルサイズミラーレスS1/S1Rの展示、そしてSIGMAのLマウントアライアンス関連で何か発表や展示があるのかということです。

RICHOの新GRも勿論楽しみで、RICHOのアナウンスによればハンズオンが可能ということですのでこちらも楽しみですね!!

新型GR タッチ&トライ 開発中の新型GR(試作機)のタッチ&トライコーナーをご用意。進化した「GR」をどこよりも早くご体験いただけます。
Via : CP+2019出展案内│RICOH IMAGING

あと、カップヌードルミュージアムの入場券も配布されるというのも、プチお得情報ですw

日清 カップヌードル 77g×20個

日清 カップヌードル 77g×20個

2,539円(04/22 06:33時点)
Amazonの情報を掲載しています
上達やくそくBOOK すずちゃんのはじめてのカメラとレンズ

上達やくそくBOOK すずちゃんのはじめてのカメラとレンズ

鈴木 知子
1,728円(04/22 06:33時点)
発売日: 2015/10/23
Amazonの情報を掲載しています
写真が上手くなりたいなら覚えるべき50の掟 (玄光社MOOK)

写真が上手くなりたいなら覚えるべき50の掟 (玄光社MOOK)

秦 達夫, 鹿野 貴司
1,620円(04/22 06:33時点)
発売日: 2014/09/29
Amazonの情報を掲載しています
Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル

One thought on “「写真のわくわくに出会おう」CP+2019の各社ブースのレイアウト今年は安定

コメントを残す