スポンサードリンク

ソニー α7SIIIは1月発表で1500万画素クアッドベイヤーセンサーが搭載される?(EOSHD)

Pocket
LINEで送る

EOS HDのフォーラムでSONY α7SIIIにクアッドピクセル構造で1500万画素のIMZX521CQRセンサーが採用されるというリーク情報を掲載されたということです。

“The sensor for the A7S III has leaked on the EOSHD Forum, with 4K/60p and an HDR mode in 4K and at 15 megapixels thanks to a Quad Bayer pattern. “
Via ‘ Sony A7S III Sensor Specs Leak – 4K/60p and Quad Bayer 15 megapixel (with possible 61MP mode) – EOSHD (https://www.eoshd.com/2019/12/sony-a7s-iii-sensor-specs-leak-4k-60p-and-quad-bayer-60-15-megapixel/)

  • α7SIIの1200万画素センサーから大幅な進化。
  • α7SIII向けに開発されたフルサイズ、裏面照射型センサー。
  • セルのユニットサイズは7.52μm、ユニットには4つのフォトピクセルが存在する。
  • クアッドベイヤー有効画素数1536万画素(6100万画素モードの出力も可能)
    • オーバサンプリングによって、通常の1500万画素センサーよりもスチル、動画ともに高い解像感が得られる。
    • クアッドベイヤーの4K出力は実質4.8Kで、6000万ピクセルにオーバーサンプリングし実質6K相当の映像から最終的に3840×2160ピクセルのファイルを生成する。
  • 3840×2160@90fpsモード、@120fpsも可能だが、クロップモードとなる。
    • 4K120pは標準的に選択可能なモードになる可能性がある。
    • センサーで垂直方向の解像度を低下させることで2000fpsも可能。
    • 2K540fpsは2394×355のラインスキップおよびレターボックスが追加されたものになる。
  • センサーのスペック上は8Kに関する記述は無い。
    • 6100万画素は15fpsであるこれはおそらくスチル用のモードであると考えられる。
  • センサーからは10bitの4K/60pで出力され、カメラ内では10bitで記録される。
    • スチルでは14bitモードが可能で最高のダイナミックレンジが得られるが、通常の12bitモードの方が高速のリードアウトが可能。
    • α7SIIIに搭載されるA/Dコンバーターはデータシート上では16bit処理が可能。
  • SONYによればこのセンサーはコンシューマースチルカメラ用で、プロ用や産業用では無い。
  • 1月のCES2020と4月のNAB2020ショーで展示される。

DPReviewによればこのセンサーは7月にスペックシートが公開されていました。、SONY α7RIVの6100万画素センサーをベースにクアッドピクセル構造となっているということです。
またクアッドピクセルセンサーは最近のスマートフォンにも採用されており、マイクロフォーサーズではPanasonic GH5Sにも使われているということです。

“Let’s start with the IMX521CQR: a new 15MP Quad Bayer sensor. This sensor appears to be a variant of the 61MP sensor inside the a7R IV but with Sony’s Quad Bayer color filter pattern in front of it.”
Via ‘ Sony Semiconductor shows off specs of six full-frame sensors, including a Quad Bayer sensor: Digital Photography Review (https://www.dpreview.com/news/4477765388/sony-shows-off-specs-of-six-full-frame-sensors-including-a-quad-bayer-sensor)

ちなみにスマホの場合は6000万画素とか1億画素と主張していますが、クアッドピクセル構造なので実際の出力画素数は約1/4ということですね。

もしこの情報通り、α7SIIIが発表されるとすればCP+2020でも展示して欲しいですね!

 

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル

コメントを残す