スポンサードリンク -

シグマ fp L のEXIF情報がリーク!FOVEON X3の平面バージョンとなる6000万画素ジグザグセンサーが搭載されている証?(LRumors)

Pocket
LINEで送る

L Rumorsが、SIGMA fp Lの画像ファイルのEXIFイメージというリーク画像を掲載しました。

One of our readers (THANKS!!!) spotted a folder with FP-L images on Sigma’s server. Here are the screenshots showing the EXIF and below one of the image samples (not full size).

Via – L-Rumors – LEAKED: First image samples shot with
  • ある読者が、SIGMAのサーバー内のfp L の画像が収められていたというフォルダを発見した。
  • そのスクリーンショットにはある画像のEXIF情報が示されている(最大サイズでは無い)
  • これは、数日前お知らせした新6020万画素センサーであることを示している。

数日前の記事では、SIGMA fp Lにソニーの新型IMC513BQRセンサーが使われているという情報が流されました。

シグマ fp L にはあのソニー IMX513BQR 6000万画素ジグザグセンサーが搭載されている?(LRumors)

そしてこの6000万画素新型センサーは何とRGBがジグザグに配列されたセンサーであるという解説でした。

今回のL Rumorsの記事にその補足情報が追加されています。

  • SIGMA fp Lはソニーセミコンダクタ製のIMX513BQRという特殊はピクセルタイプの6075万画素センサーが使われている。
    • このセンサーはFOVEON X3センサーの後継と位置付けられている。
  • 3000万画素出力モードでは、各ピクセルがフルサンプリングが行われる。
    • これはFOVEON X3センサーの1億2000万画素モードと同等の画質となる。
    • fp Lの新型CMOSセンサーはFujifilmのSuperCCDに似ているカラーアレイフィルターを有している。
  • SIGMAは6100万画素でローパスレス、裏面照射でベイヤーセンサーを45度回転させたジグザグセンサーを得ることが出来たのだ。
    • このピクセルデザインはソニーセミコンダクター社で主流の3.76μm ExmorRシリーズセンサーがベースになっている。
  • この特別のピクセルアレイはSONYのスピーチによればF65RSシネカメラで使われ“Q67” 又は“ClearVid”と呼ばれている。
  • 6100万画素ジグザグピクセルセンサーは未補完でFOVEON X3 Quattroと同様のカラーで3000万画素のグリーンチャンネル出力が可能である。
    • つまり、FOVEON X3の平面バージョンであり、更に高感度性能も保たれているのだ。
  • また1億画素数のPhaseONE IQ3 100MP Trichromaticと同じカラーフィルタとなっている。
    • よって古いFOVEON X3よりもより良い色再現性を有している。

ところで、上の解説にあるPhaseOne Trichromaticセンサーは2017年に発表された新しいコンセプトのイメージセンサーでした。

フェーズワンが三原色をピュアに捉える画期的な新型センサー登載の1億画素デジタルバックIQ3 100MP Trichromatic発表!

このTrichromaticセンサーは3原色を分離するカラーフィルタの精度を高めることで三原色をよりピュアに捉える(その代わり高感度性能は低下する)設計となっているセンサーということです。

つまり、FOVEON X3の色分離性能を更に追求したカラーフィルタが使われているということ、そしてジグザグ配列によってベイヤー配列とは異なるデモザイク処理を行うことでローパスレスを実現しているということですね。(間違っていたら申し訳ありません)

SIGMA fp Lは3月23日に発表と噂されており、更に、外付けMVFも含めたリーク画像も出回っています

この画像からEVFが装着出来るように左側端子配置は異なっているものの、現行のfpと全くと言って良いほど同じ外観を持っていて、もしかしたらEVFだけの改善かも?という印象も受けました。

シグマ fp Lの外観は殆どfp 違うのはセンサーと端子?(軒下カメラ情報局)

しかし、もし今回の情報が本当であれば、山木社長が開発を見送りしたというFOVEONセンサーをある意味超える、更に将来性もある(SONYが画素数をアップするとその恩恵をそのまま受けることが出来る)という画期的なセンサーが搭載されているということですね。

シグマ山木社長がフルサイズFOVEON機の事実上見送りのステートメントを発信

更に、ベースとなっているのはSONYのシネマ機F65RSであり、更にカラーフィルターはPhaseONE Trichromaticの特性が取り入れられた、FUJIのX-Transセンサーのようにローパスレスで使える画期的なセンサーということになりそうですね。

これはもしかしたら、最も小型のフルサイズミラーレスカメラでありながら、最高画質を実現したモンスター機となる可能性が高いです。

SONY α1がスピード番長として性能を追求して他社を圧倒してしまった感じがありますが、SIGMAは画質番長としての活路を見出したとすればやはりクレバーな選択だとおもます。

これは、α1と同等のインパクトがあるカメラかもしれませんね。(この情報が本当であればの話ですが)

ファインダーも付けられるということで、これは静止画の人が絶対に欲しくなるカメラとなりそうです。
問題は価格ですね!(^^ はたして私も買えるような価格になるのでしょうか?

23日が楽しみですね!本当に

シグマ 105mm F2.8 DGDN MACRO Lマウント用

シグマ 105mm F2.8 DGDN MACRO Lマウント用

84,150円(04/18 22:54時点)
Amazonの情報を掲載しています
SIGMA 85mm F1.4 DGDN Art Lマウント用

SIGMA 85mm F1.4 DGDN Art Lマウント用

108,000円(04/18 22:55時点)
Amazonの情報を掲載しています
Pocket
LINEで送る

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

コメントを残す