スポンサードリンク -

シグマ山木社長がフルサイズFOVEON機の事実上見送りのステートメントを発信

Pocket
LINEで送る

SIGMA FFFの量産化を断念と新カメラの開発状況に関するプレスリリースが公開され山木社長が自らメッセージをYouTubeにアップしました。

プレスリリース

SIGMAのプレスリリースページにも情報が公開されました

当社は2020年2月に、「フルサイズFoveonセンサー搭載カメラ」の製品化計画をリセットし、センサー開発段階に立ち戻って仕切りなおす旨のアナウンスを致しました。その後、開発の進捗をお知らせできないままでしたので、現時点の状況を報告させていただければと存じます。

Via SIGMA – センサー開発プロジェクトの状況について

メッセージビデオ

英語版も公開されました。

  • 昨年2月、X3イメージセンサーの開発のリセットをアナウンスした。(こちらの記事
    • 致命的技術的な問題の発生により量産化が不可能と判断
    • 設計、治工具、金型類は全て廃棄
    • 当時はFOVEON X3 1:1:1 2000万画素の仕様で開発していたがセンサー仕様の見直すことになった
    • イメージセンサー製造メーカーとの契約も破棄
  • 現時点ではフルサイズX3センサーの基礎研究に取り組んでいる
    • センサー仕様の見直しを行い、現代の期待に応えられる仕様を検討
  • 現段階ではカメラボディの開発は行っていないが、カメラの開発は継続している

SIGMAファン、特に私のようなFOVEONセンサーのファンにとっては残念なステートメントですが、山木社長の一言一言に大きな無念さも伝わってきました。

今回の発表は主にFFF機に関するものですが、fpの次期モデルや派生モデルについては十分期待できますし、そのような噂が流れていますので、こちらに是非期待したいと思います。

勝手に良い方向で解釈させて頂くとすれば、今回のステートメントは新カメラ(FFFではない)を発表する前に、一旦整理するという意味もあるのであれば、素晴らしいことだと思います。

CP+2021 の前に発表ということで、私としては納得した上で来週を楽しみにしたいと思います!

ところで、SIGMA sd Quattro Hも終売という噂も流れていますが、確かにショップでの在庫が少なくなっているようですね、、、、もしかしたらSIGMAはAPS-CのX3センサーの製造に集約しているのかもしれませんね、、、、

SIGMA ミラーレス一眼 sd Quattro H

SIGMA ミラーレス一眼 sd Quattro H

132,699円(02/27 12:28時点)
Amazonの情報を掲載しています
SIGMA ミラーレス一眼 sd Quattro

SIGMA ミラーレス一眼 sd Quattro

78,680円(02/26 19:10時点)
Amazonの情報を掲載しています
SIGMA フルサイズミラーレス一眼カメラ fp ボディ

SIGMA フルサイズミラーレス一眼カメラ fp ボディ

183,670円(02/26 16:23時点)
Amazonの情報を掲載しています
Pocket
LINEで送る

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

コメントを残す