スポンサードリンク -

ライカが日本製Lマウントレンズを複数準備している。シグマとの関係は?(LR)

Pocket
LINEで送る

LeicaRumorsが複数のLマウントレンズと初のテレコンバーター製品に関する噂を掲載しています。

  • 100-400mm Lマウントレンズ
    • LeicaがLマウントの新100-400mmレンズをアナウンスするという噂がある。
    • このレンズは日本製になるだろう。
    • しかし、SIGMA版の100-400mm(SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG DN OS?)をそのままリブランドしたものではなく、いくつかのエレメントや仕様などLeicaが設計したものになる。
    • 価格は2500ドル/ユーロとなることを予測している。
    • 正式発表は2023年の第1四半期となるだろう。
  • 105mm Lマウントレンズ
    • Leicaは更に何本かの日本製Lマウントレンズを発表するだろう
    • その中に105mm f/2.8マクロレンズが含まれている。(SIGMA 105mm F2.8 DG DN MACRO Lマウント版レンズ)
    • 別の可能性としてはSIGMAの既存レンズ(105mm F1.4 DG HSM ?)をベースにした105mm f/1.4もあるかもしれない。
  • Lマウントテレコンバーター
    • Leicaブランド初のLマウント1.4xテレコンバーターも発表することになるという噂がある。
    • この価格は800ドル/ユーロ前後になるようだ。
    • 2023年Q1に発表されることを予測している。
    • 次は2023年後半に2.0xテレコンバーターも出るだろう。

ということで、Leicaは来年にLマウントレンズを拡充することになるようですが、やはりこれらのレンズはSIGMAが関与する可能性がありそうですね。

ちなみに、LEICA VARIO-ELMARIT-SL 24-70 f/2.8 ASPH.ではレンズ構成はSIGMAの24-70mm DG DNと同じながら、エレメント構成の違いにより性能も少し変わっているという話がありました。

よってLeicaRumorsも言及しているように、もし来年Leica新100-400mmと105mmレンズを発表するとしてSIGMAのミラーレス用レンズがベースになっている可能性が高そうですね。

で、更にLeicaが来年に複数のLマウントレンズを発表するということは、ボディに関しても何らかの新モデルの発表も期待したいです。

となると、やはりPanasonicとの提携の話の結果もそれに現れるかもしれませんね。

ということで来年はLマウント陣営の攻勢があるのかもしれませんね。

私もLマウントユーザーの1人として楽しみです。

Leica Vario-Elmarit-SL 24-70mm f/2.8 ASPH.レンズ(11189)

Leica Vario-Elmarit-SL 24-70mm f/2.8 ASPH.レンズ(11189)

400,000円(11/27 21:40時点)
Amazonの情報を掲載しています
28-70mm F2.8 DG DN Lマウント用

28-70mm F2.8 DG DN Lマウント用

89,100円(11/27 21:40時点)
Amazonの情報を掲載しています
SIGMA 105mmF1.4 DG HSM (A) TL 105mm F1.4 DG HSM | Art ライカLマウント用

SIGMA 105mmF1.4 DG HSM (A) TL 105mm F1.4 DG HSM | Art ライカLマウント用

173,250円(11/27 21:40時点)
Amazonの情報を掲載しています
Pocket
LINEで送る

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル

コメントを残す