スポンサードリンク -

リコーイメージングは未来に価値あるブランドへ生まれ変わる4月1日からの新事業体制を発表!

Pocket
LINEで送る

リコーイメージングがカメラ事業の生産と販売体制を4月1日から刷新し、PENTAXとGRの2つのブランドを深化させるという新方針を説明するメッセージを発表しました。

リコーイメージング株式会社(代表取締役社長:赤羽昇)は、デジタルカメラ事業のものづくりや日本国内における販売の体制を2022年4月1日に刷新します。PENTAXとGRの2つのブランド価値をより高め、”デジタル”手法を駆使してお客様とダイレクトにつながり、”工房的”ものづくりによって両ブランドの魅力をより一層研ぎ澄ませて深化させる新しい事業体制を構築します。

Via:リコーイメージング株式会社

ステートメント

リコーイメージングは生まれ変わります
~ “デジタル”手法を駆使してお客様とダイレクトにつながり、”工房的”ものづくりによって、未来に価値あるブランドへ~

新事業体制の背景

大量生産・大量販売を基本とする従来のやり方が、昨今の市場環境の変化に馴染まなくなりつつあることを感じている。

“2つのチャレンジ”

  1. “デジタル”手法を駆使してお客様に寄り添う
  2. “工房的”ものづくりを実現する

PENTAX、GR各々のブランド価値の深化

  • 【PENTAXブランド】 一眼レフを主体
    • 各種カスタマイズの幅を拡げ、工房的価値を提供
    • オンラインで商品の企画段階からお客様と一緒にものづくりができる仕組みを構築
  • 【GRブランド】スナップの普遍的な価値を追求
    • スペック競争からは一線を画す
    • 徹底的にスナップ撮影への最適化を追い求める
    • 高画質、操作性、携帯性にこだわったカメラを提案
    • SNS中心のファンコミュニティの活性化
    • オフラインイベントを介した交流

“デジタル”な販売手法と”工房的”生産へのシフト

販売店経由の流通網を主体とした販売手法から、インターネットを通じた販売にシフト

  • 自社EC直販サイトリコーイメージングストアの強化、
  • 主要マーケットプレイスへPENTAX、GR各々の直営モールを出店
  • 従来の大量生産・大量販売のモデルとは異なる最適な生産を実現

ということで、基本は少量生産と直販体制への移行が行われるということですね。

また、完全に趣味層のユーザーをターゲットにされるということも伺うことが出来ると思います。(従来の通りかもしれませんが)

趣味としての従来のカメラがますますニッチになり、その中でも更にニッチな一眼レフとコンパクトデジタルカメラの市場を狙われるということでこのような体制の変更が行われたということですね。

一眼レフにおいては事実上競合が去って行く状況、そしてコンパクトデジタルカメラもGRという無二のジャンルを築かれているからこそこのようなニッチなビジネスを追求出来る下地が揃っていうと感じます。

今後、カメラを趣味にするならPENTAX と GRということになればいいですね!

ウルトラニッチ 小さな発見から始まるモノづくりのヒント (freee出版)

ウルトラニッチ 小さな発見から始まるモノづくりのヒント (freee出版)

川内イオ
1,760円(05/19 12:14時点)
Amazonの情報を掲載しています
Pocket
LINEで送る

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル

コメントを残す