スポンサードリンク -

キヤノン 東京2020オリンピックでのシェアは55%!EOS R3の試作機の活躍状況もリリース

Pocket
LINEで送る

Canonのグローバルサイトで、東京2020オリンピック競技大会における同社のカメラの活躍状況やシェア率に関するリリースを発表されました。

Canon claims top share of press cameras used at the Olympic Games Tokyo 2020, highlights DSLR and mirrorless cameras and remote image capture technologies that assisted press photographers

Via: Canon Global – Announcement
  • キヤノンは東京2020オリンピック/パラリンピックのゴールドパートナー(スチルカメラ、デスクトップ・プリンター)として「メインプレスセンター」に、プロフォトグラファー向けフォトサービスセンターを開設。
  • プロフォトグラファーの業務を止めない「ゼロ・ダウンタイム」の代替機提供サービスを提供。
  • プロフォトグラファーに使用されたキヤノンの報道用カメラの使用率は約55%のトップシェアを獲得。(キヤノン調べ。 下記競技における平均使用率)
    • 陸上(男女100m決勝、男女4×100mリレー決勝)
    • 競泳(男女4×100mメドレーリレー決勝、混合4×100mメドレーリレー決勝)
    • バスケットボール(男女決勝)
    • 体操(男女団体決勝、男女個人総合決勝)
    • 野球(決勝)
    • サッカー(男女決勝)
    • テニス(男女決勝)
    • ゴルフ(男女決勝第4ラウンド)。
  • EOS-1D X Mark III 及びEOS R5、EOS R6などのミラーレスカメラも活躍。また開発中の EOS R3 の試作機を一部のプロフォトグラファーがテスト撮影した。
  • EOS R3を使用した Patrick Smith パトリック・スミス氏(東京2020オフィシャルフォトエージェンシー ゲッティイメージズ社)のコメント。
    • AFが非常に高速で反応が良くい。
    • 軽量ボディのため、長期間に渡る撮影の疲れを軽減してくれた。
    • 30 コマ/秒の高速連写、非常に画質も優れていた。
  • リモート制御ソリューション ロボティックカメラシステム CR-S700R も多数設置され新鮮な写真撮影に貢献。

ゼロダウンタイムのサービスリリースはこちら。

Canon to support news media at Tokyo 2020 Games, releases photos of on-location service center aiming for “Zero Downtime”

Via: Canon Global – Announcement
Canon TOKYO 2020 Olympic

EOS R3をテスト撮影されたPatrick Smith氏は英国のジャーナリストでありドキュメンタリフィルムメーカーのようで、Canon UKのページで紹介されています。

イベントに使われるカメラというのは、その基本性能のみならず、サポート体制と長年の経験とリレーション構築というのも大切そうで、それを続けてきたCanonは東京オリンピックにおいてもトップシェアを獲得されたということで、プロフォトグラファーにとってはやはり最も心強いメーカーということですね。

東京2020のEOS R3の活躍についてはこちらの記事もどうぞ。

HG ガンダム 東京 2020 オリンピック エンブレム

HG ガンダム 東京 2020 オリンピック エンブレム

5,100円(09/22 20:12時点)
Amazonの情報を掲載しています
東京2020オリンピック公式プログラム

東京2020オリンピック公式プログラム

2,475円(09/22 18:16時点)
Amazonの情報を掲載しています
東京2020 オリンピックエンブレム 招き猫BC付ぬいぐるみ

東京2020 オリンピックエンブレム 招き猫BC付ぬいぐるみ

1,320円(09/22 20:51時点)
Amazonの情報を掲載しています
Pocket
LINEで送る

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル

コメントを残す