スポンサードリンク

キヤノンが来年スポーツ&ビデオグラファー向けRFマウントAPS-Cカメラを出す!?EOS R7か?(CR)

Pocket
LINEで送る

CanonRumotsがRFマウントのAPS-Cミラーレスカメラに関して確認が取れたという記事を公開しました。

After months upon months of speculation, I have finally confirmed that an APS-C RF mount camera is coming,

Via : CR – There is an APS-C RF mount camera …

こちらのイメージは予測レンダリングということです。

  • 我々はついにAPS-C RFマウントカメラが出ることを確認した。
    • それは2021年後半になるが、パンデミックの影響があると流動的である。
  • 我々のソースはEOS Rシステムで最小のカメラとなることを確認している。
    • 加えてスポーツ撮影者向けとビデオグラファー向けの両方の機能が詰め込まれているようだ。
    • 最小という表現よりもEOS RPよりも更に小型になる方が理解しやすい。
  • 同ソースによれば、RF-Sレンズに関する計画は何も無いということだ。
  • また、デュアルピクセルII搭載の新APS-Cセンサーということ以上のスペックは未だ曖昧ということだ。

今回の情報が本当であれば、来年中にAPS-CのRFマウントミラーレスカメラを出す計画があるということですが、これは予測イメージ通りEOS R7ということになるのでしょうか?

これまでもEOS 7D Mark IIのミラーレス版の期待が高まっていたこともありマジックナンバーの7がRF機に使われるのであれば皆さん納得だと思います。

そして望遠レンズが得意で速射性能があるカメラであれば需要はありそうですし、動画に関してもSuper35に近いAPS-Cでも十分な筈で、フルサイズと両立出来るラインナップになりそうですね。

またこれによって、EF-Mは入門機専用マウントになる、つまりKiss M用マウントになれば、よりコンパクトなのでこちらもメリットがあると思います。
Kissユーザーに関してはダブルズームと明るい単焦点レンズに絞れば、コスト面からしても開発側もユーザー側にもメリットはあると思いますし、これまでもEFとEF-SでやってきたCanonですので違和感も無いと思います。

ということで、これまでの情報から来年Canonはフラッグミラーレス、新APS-Cミラーレス、Cinema EOSのRFマウント化の加速など、いよいよRFシステムに完全に軸足を移す年になりそうですね。

キヤノン EOS R1 はフラッグシップ一眼レフEOS-1D X Mark IIIを完全に超えるカメラになる?(CR)

次のキヤノン EOS C50、C90もRFマウントとなるか?(CR)

楽しみです。

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 7D Mark IIボディ EOS7DMK2

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 7D Mark IIボディ EOS7DMK2

154,400円(12/04 15:07時点)
Amazonの情報を掲載しています
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 90D ボディー EOS90D

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 90D ボディー EOS90D

147,800円(12/04 06:48時点)
Amazonの情報を掲載しています
Pocket
LINEで送る

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ
スポンサードリンク

コメントを残す