スポンサードリンク

お披露目はCP+2021!リコーイメージングがPENTAX K-3 Mark III を発表!連写12コマ/秒を実現!

Pocket
LINEで送る

リコーイメージングが開発中の新フラッグシップAPS-C一眼レフカメラの名称と発表時期を公開しました。

新APS-Cフラッグシップ名称・開発状況説明動画

プレスリリース

現在開発中の新製品は、名称を「PENTAX K-3 Mark III」に決定し、先にリコーイメージングWebサイトで公開した「PENTAX STATEMENT」を体現する製品として、一眼レフカメラの本質的な価値にこだわり、写真を生涯の趣味として楽しまれている多くの方々が、撮影のプロセスまで愉しめる機能・性能を備えたカメラとなる見込みです。

Via:リコーイメージング 新APS-Cフラッグシップデジタル一眼レフ…
  • 名称を「PENTAX K-3 Mark III」に決定
  • 一眼レフカメラの本質的な価値にこだわり、写真を生涯の趣味として楽しまれている多くの方々が、撮影のプロセスまで愉しめる機能・性能を備えたカメラとなる
  • 現在、開発の最終段階で、開発を完了し量産に向けての体制を整える予定
  • PENTAX K-3 Mark III2021はカメラと写真映像のワールドプレミアショー「CP+2021」(パシフィコ横浜)の頃を目指して開発中

PENTAX K-3 Mark IIIの仕様

  • 有効画素数約 2573万画素
  • ISO AUTO / 100~1600000
  • 手ぶれ補正「SR II」5軸補正、5段分の補正効果
  • ローパスセレクター搭載
  • 静止画 RAW(14bit):PEF、DNG、JPEG
  • 記録メディア SD UHS-II
  • ファインダー
    • 視野率約100%
    • 倍率約1.05
    • アイレリーフ長約20.5mm
    • ナチュラルブライトマットIII
  • 液晶モニター
    • TFTカラーLCD 3.2型 (アスペクト比3:2)ドット数約162万
    • エアギャップレス強化ガラス
    • ドットタッチパネル静電容量方式
  • AF
    • 測距センサー SAFOX13
    • 101点(クロスタイプ25点)
    • 輝度範囲EV-4~18
  • 露出
    • TTL開放測光
    • 30.7万画素RGBIrセンサー
    • 露出範囲EV-3~20
  • シャッタースピード
    • 1/8000秒~30秒
    • シンクロ同調速度1/200秒
  • 連写 最高約12コマ/秒
    • JPEG:37コマまで
    • RAW:32コマまで
    • RAW+:30コマまで
  • 動画
    • MPEG-4 AVC/H.264(MOV)
    • 4K(3840×2160、30p/24p)
    • Full HD(1920×1080、60p/30p/24p)
  • バッテリー
    • D-LI90P
    • 撮影可能枚数…:約800枚
  • インタフェース
    • USB Type-C
    • ケーブルスイッチ端子(φ2.5mm)
    • Xシンクロソケット
    • HDMI端子(タイプD)
    • マイク端子/ヘッドホン端子
    • Wi-Fi
    • Bluetooth 4.2
  • 外形寸法・質量
    • 約134.5mm(幅)×103.5mm(高)×73.5mm(厚)
    • 質量約820g (バッテリー、SDカードを含む)、約735g (本体のみ)

PENTAX K-3 Mark III製品情報ページ

PENTAX一眼レフ STATEMENTページ

結局、長らくディスコンになっていたK-3 IIの後継モデルになったわけですね。

K-3IIのサイズは131.5mm×102.5mm×77.5mmですので若干の違いはあれそのフォームファクターを継承するものと思われます。
画素数についてもほぼ同じなのでセンサーは流用かな?
モニターは103万画素から162万画素にアップ。
一眼レフカメラの肝となる測距センサーは SAFOX11からSAFOX13に更新されて、測距ポイントが27点から101点に増えました。
連写は8.3コマから12コマ/秒という大幅向上!これはフラッグシップカメラに相応しい速度ですね!これなら未だミラーレスカメラに勝てるとは言わないまでも同等かと思われます。
また動画も4kとなり、決して諦めていません(^^
連続撮影枚数は720枚から800枚に増加しこちらも抜かりはありません。(K-1IIでちょっと残念だったですからね)
ただ、GPSが廃止された可能性もあり(現時点での情報には無かった)個人的にはとても残念です。

ということで目立つ進歩は連写性能だと思います。おそらくAF精度と使い勝手も向上していますので、現時点で(そして永遠に?)最高のコストパフォーマンスを実現している一眼レフカメラと言って間違い無いと思われます。

正式発表はCP+2021ということでとても楽しみです!
ただ、少し前にCP+事務局からリアルイベント開催したら参加しますか?アンケートメールが来たのが少し気がかりです。

ヨーロッパではコロナウィルスは更に猛威を奮っているようですし、インフルエンザシーズンということもありますしね、、、
でもCP+2021はいずれの形式になっても開催されこのカメラが発表されることを祈ります!

Pocket
LINEで送る

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ
スポンサードリンク

コメントを残す