スポンサードリンク

キヤノン EOS R1 はフラッグシップ一眼レフEOS-1D X Mark IIIを完全に超えるカメラになる?(CR)

Pocket
LINEで送る

CanonRumorsがEOS Rのフラッグシップ機というかCanonのフラッグシップ機となるEOS R1に関する追加情報が掲載されました、

Let’s talk about the Canon EOS R1 development [CR2]

  • このカメラは1EOS-1D X Mark IIIを単にミラーレスに置き換えたカメラにはならないといえる。それは«アップグレード»されるという意味である。
  • これらが今の所の信頼出来るソースの情報だが、製品発表には未だ時間があるので変更される可能性もあると考えてほしい。
    • 新イメージセンサーはグローバルシャッター構造となる。
    • これまでの基準が覆るようなAFシステムで、EOS R5やEOS R6を上回るものだ。
    • これまでCanonが出したカメラの中で最も高速の連写性能となる。
    • 2021年の第2四半期に発表される。

あえてフラッグシップ機をミラーレスに置き換えるのであれば、当然同等では済まされないことだと思います。
そしてこれまで一眼レフトップメーカーであったCanonがそうするのであればなおさら凄いカメラにならなければカメラファンの方のみならず、特にプロの方は納得出来ないということですね!

個人的にはAF、連写性能については一眼レフカメラを上回るレベルに達するかと思いますし、ファインダーに関しても問題無いくらいには行くと思いますが、残る課題としてバッテリーの撮影可能コマ数だと思います。(一眼レフと同じ重量にすれば大丈夫かもしれませんが)

いずれにしても来年がいよいよプロ機でのミラーレスカメラ移行への向けたファーストステップになるかもしれませんね!

本当にグローバルシャッターが搭載されれば、、、、

Pocket
LINEで送る

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ
スポンサードリンク

キヤノン EOS R1 はフラッグシップ一眼レフEOS-1D X Mark IIIを完全に超えるカメラになる?(CR)」への1件のフィードバック

コメントを残す