スポンサードリンク

東芝がイメージセンサー事業をソニーに売却へ(ロイター)

Pocket
LINEで送る

ロイターによれば東芝がイメージセンサー事業をソニーに売却する方向で最終調整に入ったということです。

[東京 24日 ロイター] – 東芝 が、半導体のイメージセンサー事業をソニー に売却する方向で最終調整に入ったことがわかった。

Via : 東芝、ソニーにイメージセンサー事業売却へ 200億円規模=関係筋 | Reuters

  • 売却額は200億円を軸に調整
  • イメージセンサーは大分工場(大分市)で生産
  • 東芝は、イメージセンサー事業から事実上撤退
  • イメージセンサーはソニーにとっては強化領域
  • ソニーはスマホやデジタルカメラ、自動車向けの顧客を引き継ぐ

こちらは東芝のイメージセンサー製品の技術解説記事。

東芝は、センサー側でのHDR撮影や、像面位相差AF等最先端のセンサー技術を有しているようです。

更に東芝はFOVEONのような多層型のセンサーも開発していたようです。

となればソニーが今回の買収が成功するのであれば、これらの東芝の最先端センサー技術を手にいれるということですね。

また、ニコンはD5200は東芝製のイメージセンサーが採用されています、。

そこで判明したのは、D5200の2410万画素APS-C CMOSセンサーは何と東芝製らしいということです。

Via : ニコン D5200のイメージセンサーは東芝製(chipworks) | YOUのデジタルマニアックス

ソニーは東芝の持つ顧客を獲得することで、さらにセンサーのシェアを獲得することになりそうです。

主要カメラメーカーにも今回の売却話は少なからずの影響がありそうですね。

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

3 thoughts on “東芝がイメージセンサー事業をソニーに売却へ(ロイター)

コメントを残す