YOUのデジタルマニアックス

カメラや写真の気になるニュースや話題をポストします

スポンサードリンク -
#Canon

キヤノンが来年発表のEOS R1とEOS R5IIとワンモアカメラは新型センサー完全電子シャッター機になるの?(CR)

Pocket
LINEで送る

ここ数日で、Fujifilm、Nikon、SONYがもうすぐ新型カメラを発表するという話題で盛り上がっている中、Canonの次のカメラはどうするのでしょうか?

CanonRumorsによれば、Canonは来年に更なる高性能の積層型イメージセンサーを搭載する新型ミラーレスカメラ3機種を発表するという予測記事を掲載しました。

  • Canon EOS R3はCanon初の自社製造の積層型イメージセンサーを搭載した製品となった。
    • このことはSONYが主導していたイメージセンサービジネスに対してCanonがキャッチアップしていることを知らめることが必要であったということだ。
  • 我々はこれまでCanonが3種類の異なる解像度の積層型イメージセンサーを搭載する3機種のカメラボディを発表するという予測を伝えている。
    • これらはCanon EOS R1、Canon EOS R5 Mark IIとなるだろうが、現時点では三番目のカメラについては不明だ。
    • この情報はPowerPointスライド資料に明示されていたということだがそれにモデル名が割り当てられていなかったようだ。
  • Canonはイメージセンサーの読み出し速度を向上することで、動画撮影時の電子シャッターによるローリングシャッター効果を解決することに取り組んでいるようだ。
    • ただし、CanonがNikonがZ8とZ9でやたようにメカニカルシャッターを排除たとしても、プロスポーツカメラマンはローリングシャッター現象が存在する限り電子シャッター機を使うことは出来ない。
  • 現時点ではCanonが次の EOS R シリーズカメラをいつ発売するかは不明である。
    • 信頼できるタイムラインはなく2023 年第 4 四半期中に何らかの発表について示す情報は無い。(変更される可能性もあるが)
    • ただ、Canonにとって2024 年前半が新しいカメラボディの発表で忙しくなりそうだ。

Canon EOS R3はキヤノン初の裏面照射型積層センサーを搭載し高速読み出しを実現ながらも未だメカニカルシャッターを温存したカメラとなりました。

そして早いもので2021年のEOS R3の発表から2年の歳月が経過していますが、その間当然Canonは更に高性能、高速、高画素のイメージセンサーを開発しているのは確実だとも思います。

ちなみに、Canonは昨年の12月にフルサイズのグローバルシャッターセンサーLI5030SAの開発発表を行なっていましたね。

この発表は産業用・監視カメラ用のイメージセンサーということでしたがその時公開されたプロモーション動画やサイトはどう見てもコンシュマーユーザーにも訴求するテイストが盛り込まれていました。

個人的にはCanonはコンシュマーやシネマ向としてそろそろ完全にグローバルシャッターと言い切れる新型イメージセンサーを搭載した新型機を発表しても良さそうに思えます。

まぁ、実質Nikon Z8/Z9は積層構造でソニー製造(おそらく)のセンサーで高速読み出しによって実質ローリングシャッター問題を解決できたからこそ完全電子シャッター機を、しかもフラッグシップ機として世に出すことが出来たと思いますが、注目すべきはイメージセンサーの製造元(グループ会社ですが)であるSONYとCanonの二社が次の世代のイメージセンサーをどのカメラに搭載して発表するのか?そろそろそのタイミングでは?ということに注目したいと思います!

更に更なる未来のセンサーも見えて来ていることですし、、、、

楽しみですね!

Canon (キャノン) EOS R3 カメラボディ

Canon (キャノン) EOS R3 カメラボディ

712,800円(06/16 13:31時点)
Amazonの情報を掲載しています
Canon RF35mm F1.8 IS Macro STM レンズ、ブラック

Canon RF35mm F1.8 IS Macro STM レンズ、ブラック

86,800円(06/16 18:47時点)
Amazonの情報を掲載しています
Pocket
LINEで送る

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル

コメントを残す

Amazon プライム対象