スポンサードリンク -

アクティブ冷却ファンを持つキヤノンEOS R5cは2022年Q1発表になる?(CR)

Pocket
LINEで送る

CanonRumorsによればCanon R5の8K動画記録をより完璧にする為?のEOS R5cが開発パイプラインにあるということです。

Last year we received the first reports of a videographer focus EOS R5 camera named the Canon EOS R5c.

Via:CR – The Canon EOS R5c is coming in Q1 2022
  • 昨年に、ビデオグラファーをターゲットにしたEOS R5cの情報を受け取っていた。
    • そして、今、このようなカメラがパイプライン上に存在するという複数の確認情報がを受け取った。
  • そのアナウンス及びリリース日は2022年Q1にずれ込んでいる。
    • 当初10月のNABショーあたりで発表が行われるということだったが、おそらくそれを遅らせているようだ。
    • 私はCanonは発表してから60日以内に出荷するようにすると考えている。
  • Canon EOS R5cについて知っていることは
    • アクティブ冷却ファン
    • やや異なる外観
    • 動画記録コーデックの追加
    • フルサイズのHDMIポートを持つ

Canon EOS R5はミラーレスカメラ初の8K動画記録を実現しましたが、発熱による記録時間の制限が設けられていました。

Canon EOS R5発売後すぐにサードパーティから冷却ソリューションのアイデアが出てくることになります。

TILTA がCanon EOS R5用のアクティブクーリングシステムをリリース

しかし、8K発熱停止が発生していると言われていたEOS R5のですが、実はCanonが安全を見て時間制限しているのでは?という検証も出てました。

キヤノン EOS R5の8K発熱問題、実際には起こってない?可能性を検証(EOS HD)

しかし、その後CanonがEOS R5をファームアップし、温度感知も制御に入れているらしいということで、DIYで水冷化するという強者まで現れました。

何と!キヤノン EOS R5を水冷化!8K熱停止問題は解決されるのか!?熱問題よりも納品問題かもしれないけど(DIY Perks)

そして、今年の3月に冷却ファンを備えるCanon EOS R5cが開発されているという噂が流れました。

年内にアクティブ冷却システム搭載のキヤノンEOS R5cが発表される?(CR)

このようにEOS R5の8Kの制限については、色々話題になっていたのにも関わらず、結果的にも販売は絶好調隣、売れすぎたことで供給問題?が発生し改善の兆しはありますが、未だ在庫潤沢にはいかないようですね。

それに加え(それと同じ問題かもしれませんが)半導体供給問題についても取り沙汰されるようになり、EOS R5cはすぐに発表できないという事態になっていたかと思われます。

ということで、8Kが安定して撮影できるようになるEOS R5cいよいよでしょうかね。

もしEOS R5cが出るとして、SONY α1よりも価格と8K撮影での信頼性も高そうなので、ビデオグラファーの方々への8K動画普及を促進するカメラになるかもしれませんね!

楽しみです

Pocket
LINEで送る

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

コメントを残す