スポンサードリンク -

年内にアクティブ冷却システム搭載のキヤノンEOS R5cが発表される?(CR)

Pocket
LINEで送る

CanonRumorsがCanonの次のシネマカメラに関する噂を公開しています。

The camera, which we are calling the EOS R5c will be equipped with the same image sensor as the EOS R5 and will have all of the same recording options.

Via CR – Confirmed, a Canon EOS R5c
  • 私は先週にEOS Rシネマカメラがいずれ出るということをレポートしていたが、今回それが本当になることを確認した。
  • 2021年に発表され、2022年に発売される。
  • このカメラはEOS R5cと呼ばれる。
  • EOS R5と同じイメージセンサーと同じ動画記録設定が出来る。
  • 大きなニュース?それはより大型のボディでアクティブ冷却システムが搭載されるということだ。
  • また、スチルと動画のハイブリッドカメラであることは変わらない。
  • 更にEOS R5c にC-Log 2 記録機能が追加される。

EOS R5の唯一?のツッコミ所である8K動画の記録制限がアクティブ冷却システムで解決されるということですね。

SONY α1が発表され8K記録が実現しましたが、本格的なシネマカメラとしては若干の不安があるかもしれません。
そこでEOS R5Cによって8Kがより一般的になるといいですね。

あと、もうすぐ発表されるという噂のSIGMA fp Lが動画機なのか?も気になる所ですね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

パナソニック ミラーレス一眼 LUMIX DC-S1H ボディ
価格:653141円(税込、送料別) (2021/3/18時点)

Pocket
LINEで送る

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル

コメントを残す