スポンサードリンク -

やっぱり11年11月11日に発表?ライカ M11の追加情報(LR)

Pocket
LINEで送る

LeicaRumorsが次期レンジファインダーカメラM11に関する情報を掲載しました。

  • Leica M11はLeica Q2と同様にベースプレートは無い。
  • 正式発表は、2021年11月11日という予測は変わらない。(Leica M9は2009年9月9日に発表されていた)
  • 最新の情報ではLeica M11のイメージセンサーはRAW出力で可変解像度となる(5000万画素、3600万画素、1500万画素)
  • USB-C対応
  • ボディ側手ブレ補正は搭載されない
  • 新 Visoflex(EVF)もアナウンスされるるが、既存のM10でも使用可能である
  • Leica M10、M10P、M10Dは既にディスコンとなっている。
  • Leica M11のトレードマークは2012年に登録されている。

前回の情報より少し内容が増えていますが、やはり11月11日に発表されるということ何でしょうか。

ライカ M11は11月11日発表!?裏面照射3600万画素になる?(LR)

ライカのカメラは生産量が少ないので、人気になったら入手は遅れるかもしれませんので、ご贔屓にされている方はLeicaストアにでも問い合わせていただいて、情報があれば嬉しいです(^^

楽しみですね!

Leica D-LUX 7 4K コンパクトカメラ

Leica D-LUX 7 4K コンパクトカメラ

197,348円(08/01 05:20時点)
Amazonの情報を掲載しています
Pocket
LINEで送る

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

やっぱり11年11月11日に発表?ライカ M11の追加情報(LR)」への1件のフィードバック

コメントを残す