スポンサードリンク -

ライカ M11は11月11日発表!?裏面照射3600万画素になる?(LR)

Pocket
LINEで送る

LeicaRumorsがLeica M11に関する初の噂を掲載しました。

Here is the first set of Leica M11 camera rumors I received recently

Via LR – First Leica M11 camera rumors
  • 最近Leica M11に関する最初の噂を受け取った
  • 正式発表は、2021年11月11日を予測する
  • Leica M9は2009年9月9日に発表されていた
  • 3600万画素裏面照射センサー
  • ボトムプレートが固定されている
  • ボディ側手ブレ補正は搭載されていない
  • 新 Visoflex(EVF)もアナウンスされるるが、M10でも使用可能である

こちらのロゴは2012年にLeicaがM11のトレードマークとして登録していたものなんだそうです。

Leica M10が2400となりその後、Leica M10-Rで4000万画素になりましたが、もし今回の噂が本当であれば、M11はまずは3600万画素ということなのでしょうか。

まぁこのあたりの画素数であればもう十分以上のスチル画質ですね。

そしてLeica Mシリーズの特徴であったボトムプレートがいよいよ無くなり、他社と同じようなバッテリー蓋という構造になるのでしょうかね、、、素早いバッテリ交換などの使い勝手は向上するかもしれません。

私にはご縁が無いカメラかもしれませんが楽しみです。

Leica M10: The Expanded Guide (Expanded Guides)

Leica M10: The Expanded Guide (Expanded Guides)

Taylor, David
3,069円(07/27 17:31時点)
Amazonの情報を掲載しています
Pocket
LINEで送る

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

ライカ M11は11月11日発表!?裏面照射3600万画素になる?(LR)」への1件のフィードバック

コメントを残す