スポンサードリンク -

キヤノンが 1.4倍マクロを実現!球面収差調整でボケ味の調整も可能にした RF100mm F2.8 L MACRO IS USM を発表

Pocket
LINEで送る

事前のリーク情報通り、CanonがRFマウントの新マクロレンズRF100mm F2.8 L MACRO IS USM を発表しました。

2021年7月下旬発売ということで、価格はキヤノンオンラインショップで18万1,500円ということです。

プレスリリース

キヤノンは、「EOS Rシステム」の交換レンズ「RFレンズ」の新製品として、中望遠単焦点レンズ“RF100mm F2.8 L MACRO IS USM”を2021年7月下旬に発売します。

Via Canon 中望遠単焦点レンズ“RF100mm F2.8 L MACRO IS USM”
Canon RF100mm F2.8 L MACRO IS USM

製品情報ページ

  • 球面収差を調整するSAリング搭載
  • コントロールリング搭載
  • ボディ側と協調で、8.0段の手ブレ補正効果
  • フルタイムマニュアル
  • レンズ構成13群17枚
  • 絞り羽根枚数9枚
  • 最短撮影距離0.26m
  • 最大撮影倍率1.4倍
  • ナノUSM
  • フッ素コーティング
  • 防塵防滴構造
  • フィルター径67mm
  • 最大径×長さ約φ81.5mm×148mm
  • 質量約730g

製品情報ページにはSAリングの調整の例が出ていますが、硬いボケやグルグルっぽいボケが発生していてこれはマクロフォトの作品作りに活かせそうですね。

RF100mm F2.8 L MACRO IS USM公式サンプルイメージ

このRF100mm F2.8 L MACRO IS USMレンズでは、1.4倍の撮影倍率とSAリングが搭載されるなどCanonはEOS RシリーズのシステムではEFマウントには無い付加価値を追求しているのが素晴らしいですね。

Pocket
LINEで送る

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル

コメントを残す