スポンサードリンク -

ニコンが小型・軽量単焦点レンズ「NIKKOR Z 28mm f/2.8」と「NIKKOR Z 40mm f/2」開発発表

Pocket
LINEで送る

本日はレンズ日和ということで、Nikonが2本の新マイクロ(マクロ)レンズを発表しましたが、同時に2本のZマウント新単焦点レンズの開発発表を行いました。

ニコンちゃんがTwitterで発表

プレスリリース

「ニコン Z マウント」を採用したフルサイズ(ニコンFXフォーマット)ミラーレスカメラ対応の小型・軽量単焦点レンズ「NIKKOR Z 28mm f/2.8」および「NIKKOR Z 40mm f/2」の開発を進めています。発売は、2021年内を目指しています。

Via: Nikon – 「ニコン Z マウントシステム」対応の小型・軽量単焦点レンズ
Nikon NIKKOR Z 28mm f/2.8 NIKKOR Z 40mm f/2

2本のレンズともに2021年内発売ということです。

本日、Panasonicもコンパクトな新単焦点レンズを発表しました。

スナップショットからポートレートまで パナソニック LUMIX S 50 mm F1.8(S-S50)正式発表!

SIGMAは昨年、コンパクトで高品質な単焦点レンズIシリーズを発売しました。

シグマ「Iシリーズ」レンズの第一弾の2本65mm F2と35mm F2発表!24mmも来年発売!

更に遡るとTAMRONはEマウントのミラーレス用レンズに対してコンパクトなレンズをシリーズ化しています。

タムロンが新Eマウントレンズを予告!ティザー動画も公開!

勿論、Canonはミラーレス用RFレンズについては全長を抑えて出来るだけ揃えるようなコンセプトですし、SONYも単焦点レンズについてはコンパクトさを訴求する方向にあります。

このように小型軽症のコンパクトな単焦点レンズが今後のトレンドになりそうですね。

Pocket
LINEで送る

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

コメントを残す