スポンサードリンク -

東京オリンピックに向けたキヤノン EOS-R1にはQPAFとグローバルシャッターセンサーが搭載される可能性が高まる(CR)

Pocket
LINEで送る

今年はいよいよプロ用フラッグシップ一眼レフカメラがミラーレス機に置き換わる歴史的な年になるという期待が高まっていますがそれをリードすることになりそうなのがCanonのようです。

CanonRumorsがAFと動画機能に関する重要なヒントとなる噂を公開しています。

Are Quad-Pixel AF and a global shutter coming in 2021 to the new flagship EOS R camera?

Via: CR- Quad-Pixel AF and a global shutte…
  • Quad-Pixel AFとグローバルシャッターは2021年内に発表されるEOS Rの新フラッグシップカメラに搭載されるだろうか?今回その可能性が高いことを良好なソースが伝えてきた。
  • CanonはフラッグシップEOS Rシステムカメラの開発を継続しており、これが多くの人がEOS R1と呼んでいるカメラである。
  • このカメラは今年の7月に東京で開催される夏季オリンピックに向けて公開されるということだ。
  • 堅実なソースによれば、このカメラで初搭載される機能のうちの1つがQuad-Pixel AFシステム(QPAF)であるということだ。
    • QPAFは被写体に対するカメラを構える角度に関係なくオートフォーカスの精度を向上させることになるだろう。
  • また同じソースがグローバルシャッターがEOR R1で初搭載される可能性についても言及してきた。
    • これによって電子シャッターモードで動画やスチルを撮影した時発生するローリングシャッター現象を効率的に無くすることができると考えられる。
    • これを実現するには課題が多いが、これまでのカメラで実現出来ていない項目である。
  • 現時点ではイメージセンサーの解像度や、8K撮影が出来るのかなど他の情報は無い。
    • センサーから8KRAWのダイレクト読み出し速度が必要とすれば、最低限でもEOS R5と同じ解像度になると思われる。
  • Canon EOS-R1が単にEOS-1D X Mark IIIのミラーレスボディへの置き換えではなく、Canonがこれまでの限界を突破するものを出すのは消費者にとっては喜ばしいことになるだろう。
  • NikonとSONYも同じように2021年のどこかで新フラッグシップミラーレスカメラをアナウンスすることが期待されている。ゲームは始まったばかりだ。

CanonのクアッドピクセルAFに関する噂はこれまでも流れていました。

キヤノン EOS R1 のセンサーはグローバルシャッター+クアッドピクセルAF搭載の可能性も??(PetaPixel)

また、センサーの微細化技術も既に確率しています。

キヤノンが2.5億画素のイメージセンサー”LI8020SAC/LI8020SAM”を発売

勿論、Canonのみならず他社も像面位相差AFのクアッド配置を進めているようで噂もちらほら出ていました。

パナソニックがクアッドAFピクセルの新型センサーを開発中?(L-Rumors)

ソニー α7SIII のIMX312AQKセンサーは4900万画素のクアッドベイヤーセンサー?この情報はリークかフェイクか?(SAR)

Canonのフラッグシップ機はこれまでもオリンピックイヤーに 向けて大きく進化してきましたが、今回も単にミラーレスカメラに置き換わるだけでは進化とは言えません。
その一方でEOS-1DX Mark IIIは既にメカニカルな一眼レフカメラだからこその限界に達していたのかもしれません。
よってミラーレスになるというよりもこれまでのカメラ技術とは違うアプローチによる新いスチルカメラが出来上がるということになればカメラメーカーの未来が切り開かれるのかもしれませんね。

今年はどんなサプライズが待っているのでしょうか?
楽しみですね!

Pocket
LINEで送る

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

コメントを残す