スポンサードリンク

キヤノンが2.5億画素のイメージセンサー”LI8020SAC/LI8020SAM”を発売

Pocket
LINEで送る

Canonが産業向けとして2億5千万画素という超高解像度センサーを発売したということです。

キヤノンは、APS-Hサイズ(約29.4×18.9mm)のCMOSセンサーの新製品として、約2.5億画素(19,568×12,588画素)の撮像が可能な”LI8020SAC(カラー)/LI8020SAM(モノクロ)”を2020年10月下旬に発売します。

Via : Canon – 約2.5億画素の超高解像度CMOSセンサー

プロモーションビデオ

2億5千万画素という高解像度によって、デジタルズームで10倍や15倍に拡大しても解像度が保たれるということで、超高性能&高速な監視カメラや検査カメラが実現出来るとということですね。

そしてこのピッチ数をフルサイズ(36x24mm)で計算すると約3億8千万画素になりました。
これならスマホに負けませんね(^^

ちなみにこれをクアッドピクセルAFセンサーにしたとしても9千万画素以上となるわけです。

キヤノン EOS R1 のセンサーはグローバルシャッター+クアッドピクセルAF搭載の可能性も??(PetaPixel)

Canon製のイメージセンサーの今後の進化にも注目ですね!

Pocket
LINEで送る

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ
スポンサードリンク

コメントを残す