スポンサードリンク

パナソニックがクアッドAFピクセルの新型センサーを開発中?(L-Rumors)

Pocket
LINEで送る

L-RumorsにPanasonicがクロスタイプの像面位相差AFを実現できるセンサーを開発しているという情報が掲載されました。

Panasonic is working on a tech that make the big microlens cover 2×2 pixels. It can output 1/4 size picture

Via:L-Rumors – Panasonic working on a special …
  • 新しいソースから噂を得た。
  • Panasonicは2×2ピクセルをカバーする大型のマイクロレンズ技術の開発を行なっている。
  • これはピクセルビニングによって1/4解像度の画像を出力する。
  • それぞれのピクセルは画像の劣化が無いクロスタイプの位相差AFとして働きDFDの性能を拡張することになる。
  • このセンサーはビニング無しでは4600万画素以上で、1/4の解像度では128fpsの速度で出力することが出来る。
  • α7SIIIの競合になるかもしれない。

各社のミラーレスカメラは像面位相差AFセンサーが主流となっていますが、Panasonicは3DFocus技術を元にしたDFDコントラストAFシステムを用い、ライバルに匹敵するAF性能を実現しています。

それが今回の噂で像面位相差AFも加えることができますので更に素晴らしいAFを実現できそうですね。

ちなみに、このようなクアッドベイヤータイプの位相差AFセンサーは既にSONYが商品化しています。

ソニーがスマートフォン向け1/2型4800万画素積層型Quad Bayer配列CMOSイメージセンサー『IMX586』を発表

α7SIIIに搭載されるのでは?という噂もありましたが今回は見送られました。

ソニーα7SIIIにクアッドベイヤー2×2 OCLセンサーが搭載されれば高感度に加えAFも最強になる予感

ソニー α7SIII のIMX312AQKセンサーは4900万画素のクアッドベイヤーセンサー?この情報はリークかフェイクか?(SAR)

またCanonもクアッドピクセルAFセンサーを開発しているという噂もあります。

キヤノン EOS R1 のセンサーはグローバルシャッター+クアッドピクセルAF搭載の可能性も??(PetaPixel)

Samsungは既にスマホにクアッドピクセルを合成出来るセンサーがメインになっており何と6億画素センサーも発売されるそうです。

サムスンはいよいよ人間の目を超える6億画素 ISOCELL Plus センサーのスマホを準備している

よって、パナソニックがこのような技術を持つセンサーを採用してきても不思議では無いと思います。

楽しみですね!

Pocket
LINEで送る

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ
スポンサードリンク

コメントを残す