スポンサードリンク -

標準レンズの極みへ COSINA フォクトレンダー APO-LANTHAR 50mm F2 Aspherical VM 発表>予約時点での実売価格を調べてみた

Pocket
LINEで送る

COSINAが VMマウントの新MFレンズVoigtlander APO-LANTHAR 50mm F2 Aspherical VM を発表しました
2021年01月発売予定で希望小売価格は12万円ということです。

製品情報ページ

Voigtlander APO-LANTHAR 50mm F2 Aspherical VM
  • 総金属製ヘリコイドユニット
  • レンズ構成 8群10枚
    • 異常部分分散ガラス2枚
    • 両面非球面レンズ2枚
  • 絞り羽根枚数 12 枚
    • 開放F2,F2.8、F5.6で円形絞り最短撮影距離 0.7m
  • 最大径×全長 φ55.6×53.0mm
  • フィルターサイズ φ49mm
  • 重量 288g
  • 希望小売価格¥120,000
  • 別売バヨネット式フードLH-13(別売) ¥10,000

2019年10月にSONY Eマウント判として発売されていたレンズをベースにVMマウント化したということです。

VMマウントの方がアダプタ経由でより多くのミラーレスカメラあるいはLeca Mカメラで使えるので、今回のVMマウント判を選ぶのも良いかもしれませんね。
その代わりEXIF情報が刻まれないというデメリットもあります。

マップカメラさんでの実売価格

11.6万円強ということで予約が受付られています。

フォクトレンダー純正のEマウントアダプタを使えば、勿論SONYのEマウントミラーレスカメラでも使うことが出来ますね。

Eマウント版の発売時もも実売価格が12万円弱でした。

究極の標準レンズVoigtländer APO-LANTHERv50mm F2 Aspherical国内正式発表!実売価格は?

Pocket
LINEで送る

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

コメントを残す