スポンサードリンク

最新MacBookPro 2018がC1のRAW現像パフォーマンスで5年前のMacPro Late2013にぼろ負け(tats@Blog):訂正あり

Pocket
LINEで送る

※本記事は、湯浅立志先生のブログで4年前のMacPro2013(4core)とMacBookPro 2018(6Core)のCaputureOne現像のパフォーマンスで5年前のMacに遠く及ばないという投稿を参照させて頂いております。

 

【訂正】すいませんm(_._)m 湯浅立志先生のブログではMacBookPro2013では無くMacPro2013で比較されていました。本記事のSubjectも変更させて頂きました。【言い訳】にしても5年前の4Coreですから、、、、いやすいませんでした。

ですので私もGeekbench Browserで実際のところ調べてみましたのでここから追記です。

【追記】

マルチコアでのスコアですが、当然6CoreのMacBookPro2018の方がパフォーマンスが良いのは納得。(湯浅立志先生のブログでは逆転)

更に、MacPro Late2013とMacBookPro Late2013、Mid205、Late2016とほぼ同じ性能。

こちらはシングルコアでの比較、MacBookPro2018の方がクロック数が低いですが最新世代のアーキテクチャなのか良い値を出しています。

このようにベンチマーク上では、MacBookPro2018の方がマルチコア及びシングルコアでもかなり高パフォーマンスになっていますね。

また、MacPro Late2013のストレージはPCIベースのフラッシュメモリですのでファイル読み書きの方も遅いワケではなさそうです。

このようにベンチマークだけでは確かにMacBookPro 2018のパフォーマンスに期待するのも確かだと思います。

————訂正&追記ここまで

 

写真家の湯浅立志先生のブログに「MacBookPro 2018モデルはMacPro(Late2013)に及ばない」という記事が掲載されました。

新しいIntelのcoreI7の6coreだからかなり速いんじゃないか?うまくすればMacProよりも速い?
Via : MacBookPro 2018モデルはMacPro(Late2013)に及ばない: tats@Blog

  • CaptureOneの現像でMacBookPro 2018(高い方でi7 6core)とMacProはLate2013(当時の廉価版)を比較
  • α7RIII3のRAWデータ41カットをPDFとして書き出し
  • 結果新型のMacBookProのぼろ負け

という結果だったそうです。

少し前、Cinema5Dの記事でYoTubeでアップされていた海外でのMacBookPro2018モデルのテストで発生した問題を指摘されていました。

新しいi9 MacBook Proで指摘されたのは、極端な熱制御だった。最初にDave Lee氏によって指摘されたi9 MacBook Proは非常に遅く、パフォーマンスが一定では無かった。
Via : アップルi9 MacBook Pro - 実編集にどの程度使えるか? | cinema5D

 

MacBookPro2018のi9 Core6モデルは発熱での制御が断続的に発生することで、パフォーマンスが著しく低下していたようですね。(改善ファームアップがあるそうですが)

実は私も今MacPro(Late2013)モデルを2台会社で使っています(1台は256GBでもう1台は512GB)ので流石に5年も経過したことだしそろそろ買い替えて頂こうかと考えていたのですが、湯浅立志先生の記事で更に考えていましました;;;^^)

 

ということで、訂正させて頂きましたが

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル

コメントを残す