スポンサードリンク

パナソニックは製品ラインを整理し、ソフトウェアキーで収益化する?(43rumors)

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

43rumorsがPanasonicが検討している製品戦略について、信頼しているソースから情報が寄せられたということです。

I just got this info from a reliable source:
Via : (FT3) Panasonic rumored to further streamline the portfolio down to GX and GH line only – 43 Rumors

 

  • 私が耳にしたのはPanasonicは製品ポートフォリオを簡素化するということだ。
    • 基本的には、GXシリーズとGHシリーズのみを残す。
  • GHシリーズはハードウェア側はそのままでソフトウェアキーを購入によって、動画や静止画撮影での様々な機能を有効化することが検討されている。
    • それは今パナソニックで議論中なのか、あるいは既に決定されているのかは明らかではない。
    • しかしPanasonicがカメラの製品数を少なくするということからするとそれは理解は出来る。
  • 最近はハイエンドが稼げる製品となっている。
    • 旧世代のGXやGHシリーズカメラカメラの生産を維持し、エントリーレベルのモデルとして販売する方が理にかなっている。

 

製品ラインを長く生産するという戦略は正にSONYのα7/α9シリーズや、RX100シリーズで成功していることですね。

一方、SONYはPlay Memory Camera Appでカメラ内の拡張ソフトウェアを有償化しましたが、最新モデルで止めてしまいました。(私も1度も買ってません)PlayMemoryのカメラアプリは既に他社が普通に搭載していたり、画像処理ソフトや映像編集ソフトの方が更に高機能や高画質であったりとわざわざお金を払って購入するようなものは殆どありませんでした。

一方、Canonは 「EOS C100」 、「EOS C300」でデュアルピクセルAFを有効化してAFを高性能化するファームウェアを有償販売したこともあります。
(Pentax K-1ではハードまで取り替えるというサービスでしたが(^^;)

Panasonicが有償ソフトとしてやろうとしているのはどのようなものなのでしょうか?
GHシリーズですのでおそらくプロ向けの特殊は機能だとは思いますがユーザーがお金を払っても良いと思えるような機能であれば良いですね!

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル

コメントを残す