スポンサードリンク

マジっ? #FlashAir を注文した日に?Eye-Fi X2救済アプリX2Uがリリースされてることを知る

Pocket
LINEで送る

先月、まさに寝耳にウォーターな #Eye-Fi X2カード終了のお知らせが来たことはご報告させて頂いていましたが。

結局Eey-Fi X2が使えなくなるのは9月ということですので未だ先なのですが、Eye-Fiに見切りをつけるべく、夏休みに備えるということもあり(^^; 、先日 #RICOH GR用としてアマゾンでTOSHIBA 無線LAN搭載 FlashAir SDHCカードを注文していました。

しかーし! さっきDPreviewを見ていると、Eye-FiがX2カード用のユーティリティソフト”Eye-Fi X2 Utility” をリリースしたという記事が掲載されているでは無いですか。。。

The new software utility is called ‘Eye-Fi X2 Utility,’ and customers can download a Mac version of it now.
Via : Eye-Fi releases Mac software to extend SD card functionality past End of Life date: Digital Photography Review

このユーティリティは、X2カードの転送機能をマネージメントする機能が提供されているということです。

そしてEey-Fiの公式ページにもリリースが掲載されてました。

We have started work on a new desktop software utility designed to enable impacted cards to continue operating beyond the previously announced EOL date of September 15, 2016.  The new software is called the “Eye-Fi X2 Utility” (X2U) and will be provided free of charge as a download.
Via : UPDATE: Information Regarding “End of Life” (EOL) of X2 and Prior Generation Products – X2 Migration

  • 9月15日からEOL(サポート停止)が影響する製品用としてデスクトップソフトウェアユーティリティを開発していた
  • このソフトウェアの名称は”Eye-Fi X2 Utility” (X2U) となり、ダウンロードによって提供する
  • X2Uによってカードからデスクトップコンピューターにダイレクト転送する機能を有効にすることが出来る
  • このユーティリティは8月初旬にMac(OS X)向けにリリースされる(既にリリース済み)
  • 我々はWindows用のX2Uも検討しているが、現時点でそのリリースはコミット出来ない。
  • X2Uは今回のEOL製品向けとして1回限りのリリースになり、カードからデスクトップへの転送機能のみ継続出来るようにするものである
  • このユーティリティはEye-Fi CenterやEye-Fi Viewの機能に対する完全な互換性は無い
  • X2Uをインストールする前に、これまでEye-Fiが提供しインストールされているソフトウェアは完全にアンインストールする必要がある
  • Eye-FiはX2Uに関するドキュメント等を提供するが、ヘルプデスクによるサポートは行わなず、保証とサービスも提供しない

 

Eye-Fi X2 Utility:X2Uのダウンロードページはこちら

 

セットアップ方法説明ページ

Setup Eye-Fi X2 Utility for Mac
Setup Eye-Fi X2 Utility for Mac

 

転送設定の説明ページ

Eye-Fi X2 Utility for Mac
Eye-Fi X2 Utility for Mac

DPreviewのタイトルだけ見たとき、Eye-Fi X2復活か?と期待してしまいましたが、内容を確認するとX2UアプリはMacのみ(私Macユーザーなので嬉しいのですが)でWindowsユーザー様は未対応、さらに、そのMac用ソフトの方もカードからMacへのダイレクトトランスファモードを有効にするだけのようですので、結局これまでのようにスマホでEye-Fiの利用は停止されることになりそうです。

一方で、上のUIを見るとRAW転送機能のON/OFFが見えますが、これはX2 Proカード以外でも可能になるということでしょうか? 通常X2カードをお使いの方にはちょっとしたボーナスかな?(検証はしていません)

結局Eye-fi X2の停止があまりにも反響?や不満?が大きかったので、最低限(最大限かもしれませんが)の対応をされたという感じでしょうかね?

ただ最近のカメラはほぼWi-Fiを搭載されていますので新しいカメラを購入される方は問題無いと思いますが、私のようにちょっと古いカメラを使っているユーザーには今回のX2Uをもってしても残念です。

そして、冒頭の東芝Flash Airですが、スマホ転送だけならEye-Fi以上の機能や使い勝手を持っていますので、今回のEye-Fiのリリースを見る限りやはり代わりのカードとして最適だったのではと思っています。。。

ちなみに、RICOH純正の FLUCARD FOR PENTAX O-FC1はGRには正式対応しておらず(使えるかもしれませんが)、価格もめちゃ高いのでムカついています憤りを感じています(^^;

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

ペンタックス O-FC1 FLUCARD FOR PENTAX SDHCカード16GB
価格:12996円(税込、送料別) (2016/8/11時点)

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル

One thought on “マジっ? #FlashAir を注文した日に?Eye-Fi X2救済アプリX2Uがリリースされてることを知る

コメントを残す