スポンサードリンク

Eye-Fi X2 カードの終了告知メールが来た

Pocket
LINEで送る

先週「海外でEye-Fi X2カードが9月16日に中継転送機能が停止されることをアナウンス」という記事を投稿させて頂きましたが、本日私のメールボックスにも「Eye-Fi X2 およびそれ以前の世代の製品をご利用のお客様へ」というメールが届きました。

2016年7月6日

Eye-Fi X2 およびそれ以前の世代の製品をご利用のお客様へ:

このメッセージは、Eye-Fi Pro X2またはそれよりも前の世代の製品を2015年3月以前にお買い上げいただいたお客様へお送りしています。本日2016年7月6日より、弊社では旧製品ラインのサポートを停止させていただきます。対象となる製品の全リストは、以下でご覧になれます。2015年半ばより、弊社では対象製品の「サポート終了 (EOL)」手続きを準備してまいりましたが、この通知を持ちまして、公式にその最終段階に入らせていただきます。2016年9月16日には、対象製品が利用している主要サービスの一部が停止されることになっておりますので、それまでに全てのお客様には製品の使用をやめていただきますようお願いいたします。2013年以降にMobiまたはMobi Pro製品をお買い上げいただいたお客様には、この通知は影響いたしません。

対象製品ラインに含められている主要テクノロジーの一部が時代遅れとなりつつあることを受け、弊社では2015年よりEOLの手続きを開始いたしました。2007年、弊社の製造する製品に採用されたインターネットセキュリティおよび認証メカニズムに関する主要技術は、当時としては最先端のものでしたが、時代の流れとともに脆弱性を露呈するようになりました。そこで2015年半ばより、Eyefi プレミアムアカウントをご購入いただいたお客様へは、無料で移行サービスを提供してまいりました。今後も、 Eyefi Viewデータを Eyefi Cloudへ移行するサービスを続けてまいります。移行のリクエストはこちらから:  <http://x2migration.eyefi.com/hc/ja/categories/200570848-Migrating-Eyefi-Premium-to-Eyefi-Cloud>。

全てのお客様のために、カスタマーサービスウェブサイトとコンテンツは引き続き運営してまいります。サポートサイトには、Eyefi Mobi/Mobi Pro と Eyefi Cloudサービスへ移行するための詳しい説明が書かれています。これまでEye-Fiの製品をご愛用いただいた全世界のお客様、および新規のお客様に心よりお礼申し上げます。製品ラインのEOLは 決して楽なものではありませんが、この度の変更によるお客様への影響をできる限り抑えるため、最大限の努力を払ってまいります。皆様のご愛顧とご理解を誠にありがとうございました。

対象製品のリスト

Eye-Fi 1.0の製品ラインおよびEye-Fiプレミアム購読が、今回のEOLプロセスによって影響を受けます。2016年9月16日をもちまして、以下の製品はご利用いただけなくなります:

Eye-Fi 1.0 製品:
オリジナルpre-X2の全製品 (オリジナル、ホーム、共有、探索、ビデオ共有、ビデオ探索、プロ)
4GB Geo X2
4GB Connect X2
8GB Explore X2
8GB Mobile X2
8GB Pro X2
16GB Pro X2
Visioneer X2
Sandisk X2
Eye-Fi Windows デスクトップソフトウェア (Eye-Fi センター)
Eye-Fi Mac デスクトップソフトウェア (Eye-Fi センター)
iOSのEye-Fi アプリ
AndroidのEye-Fi アプリ
Eye-Fi センターウェブアプリ (center.eye.fi)

Mobi, Mobi Pro とEyefi Cloud の製品およびアプリケーションは対象外ですので、引き続きご利用いただけます。また、今後の開発も予定されています。

よくある質問

X2カードを購入したばかりなのですが、なぜサポートが受けられないのでしょうか?
Eye-Fiは、2012年にX2 製品ラインの販売を徐々に停止し始めました。同社の製造した最終バージョンが米国の正規販売経路を通して販売されたのは2015年3月のことです。Eye-Fiは、正規販売経路を通じた出荷を停止していますが、それ以降も一部の製品は第三者やアフターマーケットの転売者によって販売されていました。弊社の正規販売経路を通じて購入された製品のEye-Fi’s保証期間は、既に失効しております。

9月16日以降もまだEye-Fi Centerアカウントを作ることはできますか?
いいえ。Eye-Fi Center アカウントの作成および 既存のEye-Fi Centerアカウントへのログインはできなくなります。

9月16日以降もEye-Fi Center のアプリケーションをダウンロードしてインストールすることはできますか?
Eye-Fi Centerのアプリケーションをインストールすることはできますが、アカウント作成やログインは利用できなくなりますので、アプリケーションは作動しなくなります。

2016年9月X日以降Eye-Fi 1.0カードを使用することはできますか?
ディレクトモードなど一部の機能はEOLプロセスの直接的な影響を受けない場合があります。ディレクトモードをお試しになりたい場合、EOLの期限前に設定することが必要です。ディレクトモードの設定法については、Androidのお客様はこちらiOSのお客様はこちらから
ディレクトモードは直接影響を受けないかもしれませんが、Eye-FiアプリケーションはOSのアップデートにともなってアップデートされることはありませんので、機能するかどうかは保証できません。また、ディレクトモードの機能性および設定に関してのサポートも提供されません。2016年9月16日のサービス停止以後、ディレクトモードの設定が機能するかどうかは保証されませんのでご了承ください。

その他のよくある質問は、こちらから <http://x2migration.eyefi.com/hc/ja/articles/216741158>

以上

 

私の場合内容は既に知っていましたのでこのメールで驚くことは無かったのですが、ご存知無かった方は正に寝耳に水的な内容だと思います。

当初、Eye-Fi X2は、Eye-Fi Centerという“無料の”クラウドサービスで7日間の写真を保存した上での外部の写真/動画共有サービスへの自動転送、また“無料で”Wi-Fiアクセスポイントへの接続、Wi-Fiアクセスポイントを利用して撮影した写真へのジオタグ付与など魅力的なサービス満載のカードでした。

しかし、これらのサービスはことごとく終了し、カード自体もMobiカードに移行。
Mobiカードが接続するのは“有償の”eyefiクラウドというこれまでとは別のサービスとなり、お金さえ払っておけば容量無制限に写真を保存してくれるサービスになりました。
ところが、その後リコーの関連会社にそのサービスを移行

結局EyeFi社は2つのWebサービスを止めることで、単なるWi-Fiメモリカードメーカーになるということだと思います。

その背景としては、最近のデジタルカメラにはほぼWi-fiが搭載されていますので、あえてEye-Fiを選択する需要が少なくなっているのかもしれませんね。

ということで、今回は残念なお知らせだったのですが、当初私のEye-Fi X2カードは初期品質が悪く(データが壊れた)すぐに交換させて頂いていましたが、当初からそれほど信頼して居ませんでした。

また通常のメモリカード自体3年以上使っていると壊れる確率も挙がって来るかと思いますので、これを機にEyeFiカードでは無く、他のカードを選択しようと思います。

私にとってWi-Fiカードが必要なカメラはRICOH GRや、dp2 Quattroです。
ただ、dp2の場合はRAW現像が前提ですので、JPEG撮影が主のGRに入れるカードとして、現在最右翼なのが、東芝FlashAir™カードにしようかなと思います。

東芝はメモリカードメーカーとしても信頼出来るブランドですし、クラウドサービスとは関係無く単純にモバイル・デバイスやWebDav経由でPCやMacに転送するだけというシンプルな機能が良いと思います。

また、Wi-Fiが必要無い時は消費電力を抑える為それを停止する機能も有しているなど、ツボを得た作りになっているのが良いと思います。

価格も比較的お手頃ですし。。。

アマゾンでは正規品と並行品があるようですね。



Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル

2 thoughts on “Eye-Fi X2 カードの終了告知メールが来た

コメントを残す