スポンサードリンク

【CP+2017レポート】DJIのブースはカメラメーカー並に大きくなり、カメラメーカー以上に人気だった

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

世界ナンバーワンのドローンメーカーDJIのブース昨年より遥かに大きな面積のブースになっていました。
こんな広い飛行ブースが、、、確か昨年はこの1/4くらいだったように覚えています。そしてDJIのブースはとても混雑していて大盛況となっていました。

CP+2017

ますは、産業用ドローンのMatrice 600 Pro。6ローター、大型ミラーレスカメラが余裕で搭載出来る能力が凄いです。

CP+2017

そしてコンシューマー用ドローンのフラッグシップ機 INSPIRE シリーズ

最新のINSPIRE2

CP+2017

INSPIRE2は3種類のカメラが搭載出来ます。
CP+2017

CP+2017

そしててミドルクラスとなるPhantom4
CP+2017

そしてDJIの人気を確固たるものにしたのは、このMAVIC Proに他ありません。

CP+2017

ジンバルに搭載された専用カメラ

CP+2017

その上には2個の距離センサー

CP+2017

ボデイ底面には、2個の超音波センサーと2個の画像センサーを備える徹底ぶり。

CP+2017

コントローラーもコンパクト。

CP+2017

実は私もMAVIC Proを注文していたのですが、世界中であまりにも大人気となり年末の旅行にに間に合わなかったのでキャンセルさせて頂いていました

CP+2017

手にとって見ているとまた注文したくなりました(^^;

CP+2017

ということで、DJI の空飛ぶカメラは日本でも新しいカメラ市場を形成して行くことになるのかもしれませんね。




Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

コメントを残す