スポンサードリンク

富士フイルムの中判カメラは5000万画素でX1Dより更にお手頃価格になる(FR)

Pocket
LINEで送る

fujirumorのGmailはパンク寸前になっているということです。
その理由はHasselblad X1Dをきかっけとして、FUJIFILMの中判カメラに関する情報をもっと知りたいという多くの質問が寄せられて来ているということです。

In these days, my gmail account (fujirumor@gmail.com) is exploding! I get many questions from X-shooters interested in the Hasselblad X1D, who want to know more about the rumored Fujifilm Medium Format.
Via : Fujifilm Medium Format More Affordable than Hasselblad X1D

これまでにフジフイルムの中判カメラに関する幾つかのスペックを公開している

価格に関する新情報

  • 信頼出来るソースから富士フイルムの中判カメラの価格について聞き出したところ、HasselbladX1Dよりも「更に手頃な価格になるのは確実」と答えた
  • 現時点で正確な価格は不明である

Hasselblad X1Dの価格は米ドル$8995ということでした。
急激な円高になりましたが、本日時点での換算レートは92.1万円となります。

一方、中判一眼レフカメラのPENTAX 645Zの実売価格は、85万円弱で販売されています。

となれば富士フイルムの中判カメラが本当にお手頃な価格と言えるとすれば、日本では80万円以下ということになるのでしょうか?

fujirumorのメールもパンク寸前ということですのでやはり世界中の皆さんの関心も高くなっているようですね。
そんな状況でハッセルとフジ、そしてソニーの参入の噂もあり、将来中判デジタルカメラ市場が拡大して行くとすれば、いずれ庶民でも手に入れることが出来る価格帯になってくるのかもしれませんね、



Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル