スポンサードリンク

パナソニックが2020年まで6Kや8Kカメラを復数発売へ(日刊工業新聞)

Pocket
LINEで送る

日刊工業新聞のウェブサイトにパナソニックが8Kカメラの開発を進めているというニュースが掲載されました

パナソニックは画素数がフルハイビジョンの16倍の「8K」動画撮影に対応したデジタルカメラや放送業務用カメラを開発し、2020年までに順次発売する。8K対応に向け、次期画像処理大規模集積回路(LSI)「第10世代高速画像処理ヴィーナスエンジン」の開発に着手した。

Via : パナソニック、「8K」動画撮影対応カメラに照準-次期画像処理LSI開発に着手:日刊工業新聞

  • 2020年までに順次発売
  • 次期画像処理大規模集積回路(LSI)「第10世代高速画像処理ヴィーナスエンジン」の開発に着手
  • 小型・軽量が特徴のミラーレス一眼の付加価値をさらに向上
  • 8K対応品の前に6Kや 4K120fpsカメラを出す
    • 1コマ約1800万画素の6K対応品の開発
    • 4Kで毎秒120コマで撮影できる機種の開発
  • 業務用カメラでも8K対応品を開発

ミラーレスでも6Kや8Kが出るということになりそうですが、DMC-GH4が4Kですので、DMC-GH5を通り越してDMC-GH6が6Kに、DMC-GH7を通りこして、DMC-GH8が8Kという語呂合わせ?になるのかな?とも思います。

ただちょっと気になるのがマイクロフォーサーズのセンサーサイズで3200万画素の性能はどのようになるかですね。

2013年、パナソニックが「マイクロ分光素子」センサーに関する技術を発表されましたが、そのような新型センサーが8Kで出て来ても良いかもしれませんね!

パナソニックが「マイクロ分光素子」イメージセンサ高感度化技術を発表
パナソニックが「マイクロ分光素子」イメージセンサ高感度化技術を発表

「マイクロ分光素子」の技術紹介動画

東京オリンピックを前にしたカメラや表示装置、放送機器の8K化の流れが加速しそうですね!!
パナソニックはその先陣を切るということで楽しみです。

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

8 thoughts on “パナソニックが2020年まで6Kや8Kカメラを復数発売へ(日刊工業新聞)

コメントを残す