スポンサードリンク

パナソニックが来年撮影した後にピントを合わせられるカメラを出す(産経)

Pocket
LINEで送る

パナソニックが来年、撮影した後でもピントが合わせられる技術をレンズ交換式カメラに採用するという報道が流れました。

パナソニックが、撮影後でも写真のピント調節ができるデジタルカメラを開発し、来年にも商品化することが10日、分かった。

Via : パナソニック、デジカメに撮影後ピント調節機能 レンズ交換式で世界初搭載 (1/2ページ) – SankeiBiz(サンケイビズ)

  • 撮影後でもピント調節ができるカメラを開発中、来年にも商品化
  • ピントの位置をずらしながら複数の画像を瞬時に撮影
  • 世界で初めてレンズ交換式の高価格帯商品に搭載
  • 撮影後に液晶画面で好きな場所にタッチするとそこにピントが合った写真になる
  • 「4Kフォト」の技術を応用し、毎秒30枚の画像をすべて異なるピントで撮影
  • 来年以降に発売する4K動画対応機種にはすべて、撮影後ピント調整機能を搭載する
  • 今後4K対応機種を中心にした展開

あとからピントカメラと言えば、これまでのフォーカシングの概念を覆した、 LYTRO(ライトロ) ILLUMですが、このカメラが採用している複雑なライトフィールド技術を用いなくとも、フォーカシングと連続撮影で実現出来る発想が素晴らしいです。

ただ一瞬のうちに高速にフォーカス移動しながら、4Kで撮影出来るような高速化を実現出来る要素技術は流石パナソニックという感じですね。

この技術が搭載されるカメラは来年発売の高級機に採用されるということは、DMC-GH4の後継機、GH5?に初搭載ということになるのでしょうか?楽しみです。

また少し前、パナソニックは東京オリンピックまでに8Kミラーレスカメラを出すという報道もありましたので、8Kでこの後からピント技術が使われるとすれば、3200万画素相当でピントの失敗の無いカメラが5年後には実現出来そうですね!

 

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

コメントを残す