スポンサードリンク -

ハッセルブラッド X2D 100C vs フジフイルム GFX100Sのダイナミックレンジ/ISOを比較(FujiAddict)

Pocket
LINEで送る

FujiAddictが、Photons on Photosが公開したHasselblad X2D 100Cのダイナミックレンジテ検証から、同じ中判カメラのFujifilm GFX100SとGFX100の比較記事をアップしました。

  • FujifilmはGFX100で技術的優位性を確立したが、その後Hasselbladは長い研究開発期間があったにも関わらず、それに対する目標を達成できていないようだ。
  • Photon on PhotosのPDR結果ではFujifilmはISO400で圧倒的なリードを維持している。
  • Hasselbladはセンサーの能力を十分に引き出すことが出来ていないようだ。
  • ISO400を超えるとパフォーマンスが低下しているように見えるが、これはセンサーが適切に冷却出来ていない可能性があると考えられる。
  • このテスト結果を見る限りHasslbladは再度価格を調整する必要があるかもしれない。
  • 更に、FujifilmはGFX100S/GFX100を既に長期に渡って販売しているので販売価格を下げることも出来るはずだ。

ということですが、GFXシリーズに搭載されているイメージセンサーはISOとダイナミックレンジがリニアに推移しないのを見かけますので、Fujifilmのカスタム品である可能性も高そうですね。

今回のグラフではISO400でいきなり0.5Stopくらいダイナミックレンジがアップしているように見えますのでイメージセンサーチップ内で何らかの内部処理がOnになっているのかもしれません。

まぁ、カメラシステム全体を見れば必ずしもセンサーのテスト結果だけで画質が決まってくる訳でもなさそうなので今回のISO400以上での0.5段分の差は、ことスチル画像に関してはそれほど大きな差は感じられないかもしれませんね。

ただ、せっかくの中判センサーなのでダイナミックレンジが大切、という意見もあるかもしれませんが、、、、

Hasselblad X1D II 50c ミラーレスカメラボディ

Hasselblad X1D II 50c ミラーレスカメラボディ

1,547,542円(12/07 09:38時点)
Amazonの情報を掲載しています
Pocket
LINEで送る

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル

コメントを残す