スポンサードリンク -

BCNがミラーレス6割超えの中でニコンへのエール記事と撤退は誤報ということを改めて強調

Pocket
LINEで送る

BCN+Rのサイトが、ミラーレス一眼が金額ベースで6割超え、そして今月SONYが急躍進しているという記事を公開しました。

デジカメ市場の販売金額で2022年6月、ミラーレス一眼が占める割合が初めて6割を超えた。全国の家電量販店やカメラ専門店、ネットショップの実売データを集計するBCNランキングで明らかになった。

Via:BCN+R – 迫力あるカメラで「ニコン撤退」の誤報を吹き飛ばせ
  • 2022年6月統計でミラーレス一眼の販売金額構成比が初めて6割を超えた
    • ミラーレス一眼 60.3%
    • コンパクトが29.3%
    • 一眼レフが10.3%
  • デジカメ市場は縮小を続けている。
    • 2019年6月の販売金額を1と今年6月は0.65
  • 3年間の販売金額推移
    • コンパクトが45.5%減
    • 一眼レフが69.3%減
    • ミラーレス一眼6.9%減

うーん、ミラーレスカメラの販売割合が6割を超えたというフレーズ、はつまりついに半分以上がミラーレスになったという印象を与えるとは思います。
が、そもそも一眼レフの割合が6.9%ですのでなんとなく6割超えのフレーズをここで使うの?と思いました。

またBCNは以下のように書いています。

販売金額でわずか1割にすぎない一眼レフの開発継続は、ニコンに限らずどんなメーカーでも困難だろう。見出しに取った「撤退」や「歴史に幕」という表現は、いずれも市場からの撤退を連想させる。カメラにあまり詳しくない向きからは、一部で「ニコンがカメラから撤退する」かのごとく、誤解して受け止められた。むしろそういう誤解を期待した「釣り見出し」であり、悪意を感じさせる、ある種の誤報ともいえる。

いくら知識のない整理部の記者でも「ニコンがカメラから撤退することはあり得ない」と思ったことだろう。ミラーレス一眼であっても、トップシェアを脅かす迫力ある製品の継続的なリリースを期待したい。

こちらの記事に対する厳しいご指摘ですね(^^;

一方、こちらの2022年6月のミラーレスカメラシェアのグラフも興味深いです。

ミラーレス一眼市場のメーカー別販売台数シェアで2022年7月第1週(22年7月4日-22年7月10日)、ソニーが35週ぶりにキヤノンを逆転した。市場家電量販店・ネットショップの実売データを集計する「BCNランキング」で明らかになった。

VIa : BCN+R – ソニーが35週ぶりにキヤノンを逆転、受注再開で復調
  1. Canon 35.2%
  2. SONY 30.2%
  3. OM 15.5%
  4. Panasonic 7.3%
  5. Nikon 7.2%
  6. FUJIFILM 4.3%

BCNはこのランキングで5位に甘んじているNikonはNikon1の失敗が原因で現在でも絶不調という説明をされているようです。

しかしこの統計は日本ローカルの量販店のシェアによる説明ですので、もう少しグローバルの状況から判断されるとニコンの状況も少し違うのではとも思いますがいかがでしょうか?

ただ、SONYが急伸しているのは注目ですね。
やはり、部品供給が改善されているということが表れているようで、おそらくこれがSONYの実力だと思います。

Nikonも供給改善に従ってシェアを伸ばして欲しいですね!

Nikon デジタル一眼レフカメラ D850 ブラック

Nikon デジタル一眼レフカメラ D850 ブラック

312,220円(10/01 09:48時点)
Amazonの情報を掲載しています
Nikon デジタル一眼レフカメラ D780 ブラック

Nikon デジタル一眼レフカメラ D780 ブラック

229,680円(10/01 07:04時点)
Amazonの情報を掲載しています
Pocket
LINEで送る

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル

コメントを残す