スポンサードリンク -

AIパワー 4K ウェブカメラ Insta360 Link発表!

Pocket
LINEで送る

Insta360がまた画期的なカメラを発表しました。
小型のWebカメラながら3軸ジンバルを備え、AI駆動で自動追従や自動ズームをこなす4K ウェブカメラ Insta360 Linkです。

Insta360 Japanのツイッターでの発表

Insta360 Link プロモーション動画

Insta360 Link 製品情報ページ

  • 1/2型イメージセンサー
  • レンズ 換算焦点距離26mm 絞りF1.8
  • オートフォーカス 10cm〜∞
  • デジタルズーム最大4倍
  • ジンバルレンズはAI追跡でユーザーの動きを追跡自動フレーミングとズーム
  • ジェスチャーで制御が可能
  • UVC1.1 UAC1.0
  • 動画解像度
    • 4K 24/25/30fps
    • 1080p 24/25/30/50/60fps
    • 720p 24/25/30/50/60fps
  • 動画コーデック形式
    • H.264(すべての解像度とフレームレート)
    • MJPEG(4K 24/25fps、1080p全フレームレート、720p全フレームレート)
  • 露出補正±3 EV
  • ISO100-3200
  • シャッタースピード1/8000-1/30秒
  • ホワイトバランス2000-10000K
  • デュアルノイズキャンセリングマイク
  • デスクビューモード:視点が平面化され書類が見やすくなる
  • ホワイトボードモード:指定したホワイトボード領域を表示
  • ポートレートモード:トリミングされない9:16のライブ映像
  • オーバーヘッドモード:テーブルスタンドで取り付け、水平なトップダウンビュー表示
  • 非アクティブ状態が10秒続くとレンズが自動的に下向きになる
  • デュアルノイズキャンセリングマイク
  • コンピュータースクリーン取り付け用の内蔵クリップ
  • 三脚マウント用の1/4インチマウントポイント
  • macOSとWindowsに対応
    • Zoom、Microsoft Teams、Skype、Google Meet
  • 接続USB-C(USB 2.0)またはType-C-Type-A
  • 寸法69mm×41mm×45mm
  • 重量106g

プロモーション動画では、教育用としてやミーティング用としての使い方がアピールされていましたが、ユーチューブなどの配信用としてもこれまでのカメラよりも安定して配信出来ることで間違い無い配信カメラということになると思います。

というのもミラーレスカメラやVlogカメラと言われるもの、またアクションカメラなどでも、例えば数時間に及ぶ配信の際には熱停止する可能性が高いです。
また、そのようなカメラではUSBでPCと接続し配信を行う場合は、給電が間に合わないモデルもあるようです。

カメラ単独でモバイルバッテリなどに接続して給電動作は出来ても、USB経由でライブ映像を送りながら給電というのも出来ないカメラがあるようです。

私の知り合いのユーチューバーは、配信で某Vlogコンパクトカメラを使うとバッテリが切れてしまうという事故(^^;を起こしてしまい、返品して(かなりめんどくさかったようですが)することになったという話を聞きました。

おそらくですがこのInsta360 Linkは本体はバッテリを持たずPCから給電する仕様、つまりは普通のプラグアンドプレイのウェブカメラですのでバッテリが途中で切れるということは無いと思います。(そもそもバッテリが搭載されていない)

そして何よりもプロモーション動画にあるように、これまでのクリップオンのウェブカメラの使い勝手で、より高価な会議用のPTZカメラ(パン、チルト、ズーム)と同等以上、更にはAIベースの自動動作するのが素晴らしいですね。

Insta360 Linkの価格

早速Insta360ストアで発売されましたが、通常盤が45800円、三脚キットが50,600円となっています。。、

クリップオンのプラグアンドプレイウェブカメラとしてはまぁまぁ高価な方だと思いますが、これまでに無い画質、ブラシレスジンバル、そしてAI機能を備えていますので、カテゴリとしては別レベルの製品とすれば十分納得の価格なのかもしれませんね!

Pocket
LINEで送る

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル

コメントを残す