スポンサードリンク -

想像と創造を組み立てよう Insta360 ONE RS発表!4Kブーストカメラモジュールも!

Pocket
LINEで送る

p.s. 結局ポチってしまいました

事前の予告通り、Insta360がモジュール方式の新アクションカメラ Insta360 ONE RSを発表しました。

Insta360 ONE RS プロモーション動画

今回の発表では、新RSコアモジュール、新バッテリー、またケージなどのアクセサリが刷新されています。
これまでのモジュールとある程度の互換性を保ち、5.7K 360度と5.3K 1インチライカモジュールはこれまでと同じモデルで継続ということです。

Insta360 ONE RSの価格

価格は、4Kブーストモジュールと360度デュアルカメラモジュールが付属するツイン版が69800円から、4Kブーストモジュールが付属する4K版が38800円から、1インチライカモジュールが付属する1インチ版は69800円ということです。

Insta ONE RSの進化した点変わらない点

Insta ONE RSの進化ポイント

  • Insta360 One RSモジュールで処理性能が向上
    • HDR
    • FlowState手ブレ補正
    • 4K画質の向上
  • Wi-Fi転送が50%スピードアップ
  • バッテリ性能の向上
  • マイクHWと処理の向上によって音声記録品質がアップ
  • ケージの使い勝手が向上
  • 防水性能の向上

Insta ONE Rと変わらないポイント

  • 360度デュアルレンズモジュール
  • 1インチライカモジュール
  • 360動画の詳細な仕上げはPCの360度編集アプリInsta 360 Studioで行うこと

Insta ONE RSでちょっとマイナスなところ、未だ劣っているポイント

  • 価格が高くなった
  • GPSが搭載されていない

という感じですかね。

Insta ONE RSは今からアクションカムや360度カメラ購入される場合は最高の選択!

今回の4K BOOSTモジュールのアップデートはおそらくDJI Action2の対抗策だと思われます。

そいう点では海外のレビュー動画では、4K 24pの撮影でGoPro 10、DJI Action2、そしてONE RS 4K BOOST熱停止のテストが行われていますが、前者2機種は発熱による撮影時間制限がある感じですが、ONE RSだけほぼ問題無くバッテリーを使い切って撮影が出来ていました。

なので、Vlogや配信などにおいては現在最も安定して使える4Kアクションカメラというポジションも確保したということですね。

ということで、特にInsta 360 ONE RS のツインパッケージ(4K BOOST+5.7K 360度)を購入しておけば、通常のアクションカメラ、ウェラブルカメラとしての使用、Vlogや配信用、そして、360度カメラの全てがトップクラスの性能とバッテリー時間で使えるという理想的なアクションカメラでは無いかと思いました。
また、最高のアクションカメラ画質を求めるなら1インチレンズモジュールを追加すればいいということですね。

Insta ONE RSは買いなのか?(個人的に)

で、私の場合はバイクの車載カメラとして、GoPro、DJIと比較して、面白さではInsta 360 Oneの360度動画がダントツでした。
画質においても切り出して比較しても十分楽しめるクオリティです。

また360度アクションカメラとしてのライバルはGoPro MAXだと思いますが、まぁ総合的には互角だと思いますが、個人的にバイクで車載するにはInsta 360 ONEの方が使い易い感じです。

で、話は長くなりましたが、今回は4K 360度レンズのアップデートは無買ったので、個人的に購入するモチベーションが出てくるとすればマイク性能の向上となります。
Insta 360 ONE Rのマイク性能はアクションカメラの中でも最も苦手(^^ですのでそれが改善されているのであれば、欲しくなるのですが、問題は価格ですねー

迷ってます(^^

Pocket
LINEで送る

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル

コメントを残す