スポンサードリンク -

ケンコーが新フィルムスキャナーKFS-14DFを発売!銀塩フィルムのスキャンが楽しそう!

Pocket
LINEで送る

ケンコーが5インチの大型液晶画面を備えた、フィルムスキャナーKFS-14DFを12月10日に発売したということです。
価格はオープンです。

Kenko KFS-14DF プロモーション動画

製品情報ページ

  • フィルムを手で直接差し込むことでスキャンできる。
  • カラーネガ、カラーリバーサル、白黒ネガフィルムに対応
  • 直接SDHCカードに画像データを保存可能。
  • メモリカードの画像を表示するジタルフォトフレームとしても使える。
  • HDMIケーブルでテレビに繋いで鑑賞が可能
  • 対応フィルムのスキャンエリア
    • 35mm:約23×35mm
    • 110:約11.5×15.5mm
    • 126:約25.5×25.5mm
  • 光源 白色LEDバックライト×3
  • イメージセンサー1300万画素 1/3.06型 CMOS
    • 有効画素数1240万画素(35mmフィルム)
  • 露出補正9段階
  • スキャン解像度3100dpi
  • 画像形式JPEG
  • 液晶モニター5インチ IPS (854×480ピクセル)
  • 記録メディア SDHCメモリーカード :4GB〜32GB
  • USB2.0 充電対応・バスパワー対応
  • 寸法(W×D×H)約136×136×94mm
  • 質量約300g

で、最近のフィルムスキャナにはHDMI端子がついてるんですね!(従来モデルもそんな感じのようですが)
つまりTVの大画面使ってフィルムスキャン作業して、更にスキャンした後の画像はデジタルフォトフレームとして鑑賞できるというとても楽しい製品のようですね!

Kenko KFS-14DFの価格は?

価格はオープンということですがケンコーの公式ショップで3万円弱で販売されています。

なので昔撮ったまま溜まっていたご家族の銀塩フィルムをデジタル化しながら楽しみのに良いかもしれませんね!

Pocket
LINEで送る

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル

コメントを残す