スポンサードリンク -

パナソニックがLUMIX20周年記念サイトでブランドの再定義とGH6の開発状況を報告

Pocket
LINEで送る

先日、PanasonicがLUMIX20周年記念サイトを立ち上げました。

そのコンテンツである20周年特別コラムに新しいコンテンツが追加されています。

フルサイズへの参入とSシリーズについて

  • 2011年に水面化で検討を開始
  • 2016年に参入決定
  • 決定直後にSIGMAとキックオフ会議
  • ライカにLマウントを打診
  • 2018年フォトキナでフルサイズ市場参入とLマウントアライアンスを発表
  • 2019年3月にS1/S1R発表
  • 今後はシネマレンズも視野にいれ拡充する

LUMIXブランドについて

  • ブランドを再定義した
  • ターゲットユーザーは静止画動画を問わないクリエイターとする
  • ワークフローを共に創造出来るブランドを目指す

マイクロフォーサーズについて

  • あえてマイクロフォーサーズのみを使われているクリエイターの方もいる
  • 今後も機動力と高画質を両立したGシリーズとして開発を継続する

GH6について

  • センサーとエンジン共に新開発する
  • 4:2:2 10bit Cinema 4K60pの動画記録に対応予定
  • 毒が記録時間無制限を実現する予定
  • 現在ではその他は詳しくお伝えすることはできないが、全身全霊で開発中

ということで、マイクロフォーサーズユーザー待望のGH6については未だ詳しくは伝えられない、ということで正式発表は未だ先にことになりそうです。

なのでちょっと残念ですが、LUMIXブランドについてこれからも拡充と成長させて行くというメッセージを強く出されていることで安心しました。

次の30年周年記念にはどのような新カメラが出ているのでしょうか?
楽しみですね!

Pocket
LINEで送る

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル

コメントを残す