スポンサードリンク -

キヤノン EOS R3 プリプロダクション機のハンズオンとUSオープンでのカメラシェアも(JaredPolin)

Pocket
LINEで送る

“I Shoot RAW”のキャッチで知られているフォトグラファーであり著名YouTubeであるJared Polinが、Canon EOS R3のプリプロダクションモデルをハンズオンしたという動画がアップされています。

  • EOS R3の画素数については未だお伝えすることは出来ない。
  • EOS-1D Mark IIIより大幅に軽量になっている。正確な質量については現時点でお伝えすることが出来ない。
  • マルチファンクションシューが搭載されている。
  • バリアングル液晶となっているが完全に180度開くことはできない。
    • 但しプロプロダクションモデルである。
    • 但し、EOS R5も同様に180開くことはできない。
  • アイコントロールAF機能が搭載されている為EVFのアイカップ部大きく後部にはみて出ている。
  • アイコントロールは私の瞳の細かい動きを確実に捉えていた。
    • 幾つかのキャリブレーションを行うことで、確実に動作するようになる。
    • ジャーナリスト写真家、スポーツ写真家など、それぞれの撮影者に適した設定が可能になっている。
    • 25年前のEOS 3のアイAFとは全く異なる技術である。
  • 背面のマルチコントローラーの反応はとてもクイックで従来のジョイスティックの方を使用することは無いだろう。
  • AFポイントの移動は4つの方法から選択できることになる。
    • ジョイスティック。
    • アイコントロールセンサー。
    • マルチコントローラー。
    • タッチパネル。
  • メニューは他のCanonのカメラと同様で膨大なカスタム機能やカスタムオプションによってあらゆる設定が可能になっている。
  • 先日のUSオープンでのカメラ使用率は、Canon、SONY 、Nikonで45% 45% …でCanonとSONYで大半だった。
    • 数名NIkonユーザーの中で1名のみがZカメラを使っているのを見かけた。
  • EOS R3はマグネシウムダイキャストボデイで、フレーム単体でかなり軽量であることに驚いた。
  • スペックについて本日はお伝えすることはできない。
    • ご存知の通り裏面照射型積層CMOSセンサー。サイレントモードでの30コマ/秒など。
  • EOS-1DX MarkIIIよりも優れたカメラがミラーレスで実現している。

Jared Polin氏など影響力のあるユーチューバーの方がレビューをアップされるということは、やはりEOS R3の正式発表直前状態と言って良い段階ですね!

また、USオープン大会でのカメラシェアについては、SONYが大きく台頭しはじめているようで、東京オリンピックとは少し異なる割合になっているようですね。

そういう意味でもCanon EOS R3はEOS-1D X Mark IIIのスポーツイベント用のプロカメラとしての後継となる戦略機になりそうですね!

Pocket
LINEで送る

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル

コメントを残す