スポンサードリンク -

未踏の空をゆけ 創造の頂へソニー Airpeak S1 発表!

Pocket
LINEで送る

SONYが開発発表を行っていたドローンの最初の製品となるAirpeak S1が発表されました。

この製品は法人向けで、発売日は2021年9月、市場推定価格は110万円前後ということです。

SONY Airpeak S1 プロモーション動画

品川のSONY本社から旅立って、新国立競技場に向かうというのが印象的ですが、この時期発表されるということは、やはり東京オリンピックでもAirpeak S1による映像が生まれるのかもしれませんね。

SONY Airpeak S1 プレスリリース

かつてない自由な視点を生み出す飛行性能と撮影性能で空撮映像制作の可能性を拡張

Via:SONY プロフェッショナル向けドローン Airpeak S1を発売

Airpeak S1製品情報ページ

  • 推進デバイスをSONYが独自で開発
    • 17インチプロペラ
    • 小型・軽量・高トルクのブラシレスモーター
    • ESC(Electric Speed Controller)
  • バッテリーのホットスワップに対応
  • ビジョンセンサーによる視界情報の取得
    • ステレオカメラを機体5方向(前後左右下)に配置
    • ビジョンセンシングプロセッサで画像情報処理
  • 上下に赤外線測距センサーを搭載
  • 視界情報と、IMU(Inertial Measurement Unit)、コンパス、気圧、赤外線測距などのセンサー情報を統合することで、周囲の空間をリアルタイムに認識
  • 障害物ブレーキ機能を搭載
  • 機首にFPVカメラを搭載
    • イメージセンサー1/4インチ 817万画素CMOSセンサー
    • 最大フレームレート30fps
    • FOV DFOV 120°
    • ジンバル軸2軸ジンバル(チルト、ロール)
  • 送信機
    • 双葉電子工業社製コントロールスティックを採用
    • HDMI経由で外部モニターを接続可能
    • 機体とジンバルカメラを分担操作できるデュアルオペレーションモードが可能
  • Webアプリ「Airpeak Base」
    • クラウドサービス「Airpeak Plus」に加入することで使用可能に
    • 自動飛行の設定が可能
  • ペイロード無しで最高速度 90km/h 最大角速度180°/s、傾斜角度も最大55°
  • 最大20m/sの耐風性能
  • 運用限界高度2,500m
  • 飛行時間 最大22分(ペイロード無し)、a7S IIIとFE 24mm F1.4 GM搭載で最大12分
  • 外形寸法約 526.8mm(高さ) x 591.9mm(幅) x 511.8mm(奥行)
  • 対角寸法約644.6mm(モーター対角、プロペラは除く)
  • 機体質量約3.1kg(バッテリーパックは除く)
  • 最大積載可能質量約2.5kg
    • 対応カメラ
      ILCE-1・ILME-FX3・ILCE-7C・ILCE-9M2・ILCE-7SM3・ILCE-7RM4・ILCE-7RM3・ILCE-7M3・ILCE-9
    • 対応レンズ
      SEL14F18GM・SEL20F18G・SEL24F14GM・SEL24F28G・SEL28F20・SEL35F28Z・SEL35F18F・SEL40F25G・SEL50F25G・SEL50F18F・SEL50M28・SEL55F18Z・SEL85F18
  • 最大離陸質量約7.0kg

Airpeak S1機能・技術解説動画

SONY最初のドローン製品となりますが、飛行性能の面や安全性のでもかなり完成度が高そうです。
ビジョンセンシングによって、トンネルや竹林の中でも安全に飛行することが出来るということを訴求しているのが凄いです。

そしてこのビジョンセンサーによるリアルタイムでの周囲オブジェクトの認識の動画ではSONYが実現した最先端の画像処理技術力に驚くばかりです。
またSONYが参入を発表している自動車の自動運転の技術とも共通のものだと思います。

SONYがAirpeakのドローンに参入を宣言したのが2020年の11月でした。

創造の頂きへ #Airpeak ソニーがドローンに参入! 自動運転の #VISIONS と共に新い企業に成長する筈!

そして、先月にもAirpeakにα7SIIIとFX3を搭載した予告的な動画もアップされていました。

ソニーやっぱすごいよ、AirPeakドローンにα7SIII/FX3+FE14mm F1.8 GMで撮影する動画を公開

そして、1ヶ月も経たないうちに、Airpeak S1を正式発表ということですので、SONYの開発開発力に驚くばかりです。

最近SONYのカメラの発表が少し停滞していますが、このAirpeak S1を考えると、もうカメラ本体性能の向上よりこのような撮影ソリューションの開発にリソースをより投入しているのかもしれません。

そして110万円という価格はカメラ・レンズシステムの価格から考えるとクリエイターの方にとっては投資をご検討可能な範囲に十分あるのではと思います。

更に従来の風景写真家の方や野生動物写真家の方もこのAirpeak S1を導入されることで新しい写真表現が続々と生まれてくるのかもしれませんね。

ドローンビジネス参入ガイド

ドローンビジネス参入ガイド

関口 大介, 岩崎 覚史
2,178円(09/24 14:57時点)
Amazonの情報を掲載しています
ドローンフライトログブック2022

ドローンフライトログブック2022

日本ドローン操縦士協会, 藤本千洋
1,980円(09/24 14:57時点)
Amazonの情報を掲載しています
続・ドローン産業応用のすべて: 進化する自律飛行が変える未来

続・ドローン産業応用のすべて: 進化する自律飛行が変える未来

健蔵, 野波
3,080円(09/24 14:57時点)
Amazonの情報を掲載しています
Pocket
LINEで送る

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル

コメントを残す