スポンサードリンク -

次にフジフイルムの X-T40 や X80が出るのでしょうか?>いえ、次は2022年のX-H2です(FR)

Pocket
LINEで送る

FujiRumorsがX-T40やX80という次に発表が望まれているFUJIFILMのカメラに関する情報の整理を行なっています。

I am receiving emails asking me if it is true, like some wrote, that protoype Fujifilm X-T40 cameras with IBIS are right now being tested and the X-T40 will be released in 2021.

Via:FR – Let’s Be Clear: Fujifilm’s Next X Series
  • FUJIFILM X-T40について話しましょう。
    • ある人からFUJIFILM はボディ側手ブレ補正が搭載されX-T40のプロトタイプカメラがテストされていて2021年内にリリースされるという件について本当なのか?というメールを受け取った。
    • その答え>それは根拠に乏しい噂にすぎません
  • 最近FujiRumorswが受け取っている情報をまとめるので、それが答えになる。
    • 8K動画が搭載されたFUJIFILM X-H2が2022年に出てくる。
    • 2021年内には新カメラの発表は無い。
    • X-H2は次の新型センサーとプロセッサーを搭載する最初のカメラになる。
    • FUJIFILM X-E4が2600万画素センサーを搭載する最後のXシリーズカメラとなる。
  • これらの噂から、FUJIFILM X-T40が2021年内に出て来ることは無い。
    • 更にX80や他のフジフイルム Xシリーズカメラが出ることも無い。
  • 次のカメラに関するまとめ
    • X-T40やX80をはじめとして、もう2600万画素 X-Trans IVセンサーは搭載されることは無い。
    • もしX-T40やX80が登場するのであれば、新センサー/プロセッサーが搭載されており、2022年のどこかでX-H2と同時期か、それ以降に登場することになるだろう。
  • 今後、誤解を避けるには軒下デジカメ情報局かFujiRumorsを信頼することをお勧めする。
    • FUJIFILMが、プレスリリースやスペックシートを店舗やメディアに送付した時点で、軒下デジカメ情報局がそれにアクセス出来るようになる。よって発表の直前の最良の情報である。
    • 一方のFujiRumorsは長期、中期、短期の噂を紹介しているので、軒下デジカメ情報局のリークが開始されたとしても、皆さんにはその一部が伝わっているのでその内容に大きなサプライズは無いと考えている。

先日、FUJIFILM のフラッグシップ機となるX-H2に関する情報が提供されました。

フジフイルムがセンサーとプロセッサーを刷新?それが最初に搭載されるのはX-Pro4?それともX-H2?(FR)

FUJIFILMこれまでの2600万画素センサーから、まずはX-H2で刷新し、他の機種に展開して行くことになりそうですね。

今年のフジフイルム Xシリーズ新カメラは結局X-E4の1機種だけになる模様(FR)

FUJIFILM Xシリーズの特徴は中級機以上は同じ(改良はあるかもしれませんが)イメージセンサーが流用されていることだと思います。

これによって最も重要なパーツであるイメージセンサーと画像処理プロセッサーの設計&調達コスト、更にはファームウェアの開発コストやその後のアップデート等のコストとリリース期間が低減出来るということでしょうか。

更に画質についても同じセンサーとエンジンが使われることで一貫性もあるのも良いと思います。

個人的には、Xシリーズ初のカメラとなった(私も購入していました)の最新モデルX100VI?の登場も期待したいですが、2022年にこれら全てのカメラが出るのは難しそうですね、、、

但し、レンズについては発表が控えているようなので楽しみですね!

FujiRumorsがフジフイルムの2022年までのXレンズロードマップを大胆予測

Pocket
LINEで送る

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

コメントを残す