スポンサードリンク -

キヤノンの今年の新カメラ発表の計画が大幅変更される可能性もある?ただEOS-R1最優先で今年後半に発表か?

Pocket
LINEで送る

Canonの今年の製品発表について状況が変わって来ているという情報が出て来ました。

Last week I wrote about cameras that I was told were coming in 2021 by a pretty solid source. That post has brought more information about the accuracy of the information.

Via:CR-An update on the Canon 2021 …
  • 先週に2021年に発表されるカメラの予測を行ったが、それらの正確性に対する情報が出て来た。
    • 今正に、複数のソースが伝えて来たのは、それらの情報は昨年中旬には正確だったが、その後大幅に状況変わって来たことがロードマップに影響出ているということだ。
    • パンデミックと生産関連の問題が2021の計画を変更させている。
  • あるソースは、Canonから出る最もエキサイティングなカメラは、今年後半に登場するEOS R1(最終名称は未だ未確定)になると言って来た。
    • Canonのみならず他社も同時に直面している状況では「先の計画を立てることが不可能」であるため、他の製品発表はまだ確定していない。
  • これらのことは2021年の期待を和らげる必要があるということだ。
    • 今日の真実は明日変わっている状況なので、現在想定されている製品のタイムラインは多くの矛盾が発生している状況となっている。

これまでは東京オリンピックを想定したフラッグシップミラーレスカメラとなるEOS-R1、そして1億画素前後の高解像度のフルサイズミラーレスカメラEOS R9/R8や、スポーツや野生撮影をターゲットにしたAPS-Cの高速連写機、EOS R7等の噂が出ていましたが、これら全てが順調に発表されるわけではなさそうですね。

また、仮にワクチンなどでコロナウィルスの状況が改善されたとしても、AKMの火災の影響?のせいでしょうか?現時点においてもEOS R5の生産問題は改善されていませんので、新しいカメラを出す状況には至らないのかもしれません。

AKM旭化成のチップ工場の大火災がカメラの製造にも影響が出ている可能性がある?(PhotoRumots)

そしてこの影響はCanonだけでは無いようですので、業界全体で新製品のロードマップが変わって来ることも予測できます。

ただフラッグシップ機EOS-R1は今年後半を最優先にして発表するとも取れますので、7月のオリンピックにはその姿が見れることを期待したいですね。

その一方で東京オリンピックの開催がそもそも、、、という悲観的な意見も出ているのがちょっと心配です。

Pocket
LINEで送る

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

コメントを残す