スポンサードリンク -

良い子はマネしないように>シグマ fp を可動液晶画面にする魔改造キット

Pocket
LINEで送る

みんな大好き「ポケッタブル・フルフレーム」として世界最小のフルサイズカメラSIGMA fp の液晶画面を可動タイプに改造するというキットを開発された方がいらっしゃるようで、cineDのサイトが紹介しています。

き、シグマfpカメラ用の同様のキットが発売された。 価格は259ドルで、タッチスクリーン操作を維持し、上向きに180度、下向きに90度傾けることができる。カメラのコンパクトさは変わらない。

Via:cineD – シグマfpスクリーン改造キット

開発したのは中国のPower Cheung氏でこちらがその動画

もちろんタッチスクリーンもちゃんと使えるようで、格納時はそれほど?気にならず、マグネット式のフードまで付いているという凝った作りのようですね。

キットは1499人民元(約2.4万円)で販売されてるようです。

そして、こちらがこのキットの取り付け方法を解説した動画。(2倍速くらいで見られた方が良いと思います。)

弱い溶剤使って、液晶の本体から剥がすところから始まりますが、もうこれだけでメーカー補償は受けられないことになりそうですね(^^

とは言え、カーボンファイバープレートであったり、ダストの侵入を最小限に抑えるような構造となる各パーツはなかなか良く出来ているとかんし、、、、、(じゃない?^^)

ということで、良い子の皆さまはこのような改造はやられないと思いますが、補償が切れていたり、どうしても自撮り液晶が欲しい方でチャレンジされる場合は事故自己責任ということですが、普通にHDMI出力のモニタ使った方が良いと思うのは私だけでしょうか?(タッチできませんが)

SIGMA フルサイズミラーレス一眼カメラ fp ボディ

SIGMA フルサイズミラーレス一眼カメラ fp ボディ

180,179円(11/29 20:24時点)
Amazonの情報を掲載しています
Pocket
LINEで送る

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル

コメントを残す