スポンサードリンク

アドビ AIパワーを強化した写真レタッチソフトElements 2021を発表

Pocket
LINEで送る

AdobeがPhotoshopの入門アプリ、Elelemts 2021を発表しました。
少し前にPhotpshopにもAIパワーによるスカイリプレース機能が搭載されるという情報(既にAdobe Maxで発表)をご紹介しましたがPhotoshop Elements 2021にも同じ機能が搭載され、より簡単に使えるようになっているようです。

製品情報ページ

新しく搭載したAI編集機能の一部

  • MovingPhoto 静止画に3D写真的な動きを追加。
  • 傾いた顔を真っ直ぐに。
  • Perfect Landscape 空の置換、かすみの除去、不要なオブジェクトの除去。
  • Duotone Effect 印象的なダブルトーン画像を生成
  • 人物などのオブジェクトの移動、サイズ変更、複製

スカイリプレースに至っては、空のシーンに応じて全体の明るさやアンビエントも自動で調整されるというPhotoshopと同じ動きをするようです。

既にレビュー動画がアップされていました。

  • 1:36頃 MovingPhoto
  • 3:48頃 顔の傾き補正
  • 5:45頃 Perfect Landscape
  • 12:16頃 Duotone Effect
  • 15:35頃 オブジェクト移動

Adobe photoshop Elements 2021の販売価格は17800円で既にAmazonなどでダウンロード販売が開始されています。

この価格で買えるElementsがあれば、AIに身を任せて印象的な写真に仕上げることができますので、カジュアルユーザーの方にはとてもオススメです。

そして次はLightroomも同様の進化を遂げることになるのでしょうか、、、、

写真メソッド プロが教える感動写真の仕上げ方。 ” search=”Lightroom[美]写真メソッド プロが教える感動写真の仕上げ方。 “]

Pocket
LINEで送る

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ
スポンサードリンク

アドビ AIパワーを強化した写真レタッチソフトElements 2021を発表」への1件のフィードバック

コメントを残す