スポンサードリンク

このF1.0は世界の見方を変える、フジフイルムがXF50mmF1.0 R WRを発売

Pocket
LINEで送る

FUJIFILMがXシリーズ対応の超大口径レンズXF50mmF1.0 R WRを発表しました。

このレンズは昨年9月に開発決定が発表されたもので、ちょうど1年の時を経てのリリースということですね。

Twitterでの発表

プロモーション動画

プレスリリース

独自の色再現技術で卓越した画質を実現するデジタルカメラ「Xシリーズ」用交換レンズのラインアップとして、世界で初めて、開放F値1.0の明るさを実現しオートフォーカス(AF)機能を搭載した「フジノンレンズ XF50mmF1.0 R WR」を2020年9月24日に発売します。

Via : FUJIFILM – 大口径中望遠単焦点レンズ「フジノンレンズ XF50mmF1.0

製品情報ページ

 

FUJIFILM XF50mm F1.0  R WR
FUJIFILM XF50mm F1.0 R WR

  • 発売日9月24日
  • 9群12枚のレンズ構成 非球面レンズ1枚、EDレンズ2枚
  • 絞り羽根枚数 9枚
  • 最短撮影距離 70cm
  • 最大撮影倍率 0.08倍
  • フィルターサイズ Ø77mm
  • 寸法:最大径×長さ(約)Ø87mm×103.5mm
  • 質量(約)845g

公式サンプル画像ギャラリー

こういう素晴らしい作例を見ると、別にフルサイズで無くても期待以上の写真が撮れそうな予感がします。

で価格は20万円ということですので、まぁ今時のフルサイズのポートレートレンズと同じくらい、、、、、ということになるかもしれませんが、、、、、

でもFUJIFILMのレンズは写真好きの方を納得させる描写が定評となっていますので、特に人物撮影を行う方にとっては人気のレンズになりそうですね!

各メディアの記事

価格は200,000円(税別)。

Via : 価格.comニュース

富士フイルムは、APS-Cセンサーを搭載するミラーレスカメラXシリーズ用の交換レンズ「フジノンレンズ XF50mmF1.0 R WR」を9月24日に発売する。希望小売価格は税別20万円。

Via : デジカメWatch

オートフォーカス対応レンズでは初めてF1.0の明るさとした大口径レンズ。被写体の背後のボケ表現が柔らかくなるような設計とし、ポートレート撮影を楽しむ人に売り込む。

Via : マイナビニュース

開放F値1.0でオートフォーカス(AF)機能を搭載するミラーレスデジタルカメラ用として、世界初となる交換レンズ。柔らかく美しいボケ味により、ポートレート撮影に最適だと説明している。

Via : PHILEWEB
Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル

このF1.0は世界の見方を変える、フジフイルムがXF50mmF1.0 R WRを発売」への1件のフィードバック

コメントを残す