スポンサードリンク

映像クリエイターの創造力を突き動かすフルサイズ一眼。ソニーが予告通り国内でα7SIIIを発表

Pocket
LINEで送る

昨晩海外でα7SIII発表のオンラインでの発表イベントが開催されていましたが、日本では予告通り13時にSONYのホームページにα7SIII(ILCE-7SM3)の製品情報ページが公開されました。

10月9日発売予定ということで、近日中には予約が受け付けられると思います。

プレスリリース

ソニーは、最高ISO409600の高感度性能と15+ストップの広いダイナミックレンジ、高精細4K120p動画記録、精度と追従性を高めたAF性能など、撮影性能と機動性を追求した映像クリエイター向けフルサイズミラーレス一眼カメラ 『α7S III』を発売します。効率的な放熱設計やデュアルスロットを活用したリレー記録(2枚以上のメモリーカードへの連続書き込み)で、バッテリー容量を使い切るまで、1時間を超える高精細4K60p動画の記録が可能です。

Via : SONY プレスリリース

スペシャルサイト

icon
icon

製品情報ページ

icon
icon

各メディアの記事

デジカメWatch様によれば、価格は約45万円ということです。

ソニーは、「α7S III」(ILCE-7SM3)を10月9日に発売する。価格はオープン。店頭予想価格は税別41万円前後。

Via : デジカメWatch – ソニー、有効1,210万画素の「α7S III」を10月発売。約45万円

映像クリエイターからの要望を満たすべく、この5年間に発売された業務用シネマカメラ「VENICE」「PXW-FX9」などで培われたノウハウを詰め込んだとしている。

Via : PHILE Web – ソニー、4K120p対応の動画向けフルサイズミラーレス「α7S III」

α7兄弟のなかで高感度特性がズバ抜けているα7Sシリーズ。その最新モデルである「α7S III」(ILCE-7SM3)が本日発表されました。発売日は10月9日(金)。前モデルであるα7S IIから実に5年ほどの時間を経ての新作です。

VIa : ギズモード – ソニー「α7S III」が遂にデビュー。初のバリアングルが意味するのは「4K決戦兵器」

“シネマルック”と呼ばれる映画のように劇的な表現を得るために、ソニーが重視しているのは、意図に沿った“カラーグレーディング”、緩急があって印象的な「スローモーション」、被写体が浮き上がった「大きな背景ボケ」だという。同社の調査では、個人でも数百万円と高価なシネマカメラを利用する例もあるそうだ。

Via : アスキー – ソニー、5年ぶりに刷新の「α7S III」正式発表、ISO 40万超のフルサイズミラーレス

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル

コメントを残す