スポンサードリンク

ソニーα7SIII 英国の製品情報ページや米国での実売価格など

Pocket
LINEで送る

昨晩SONYが海外で新型フルサイズミラーレスカメラα7SIIIを発表しましたが、製品情報ページの方をご紹介したいと思います。

プロモーションビデオ

 

SONY UK 製品情報ページ

  • イメージセンサー
    • 35mmフルサイズ EXMOR R CMOS
    • 有効画素数1210万画素
    • 裏面照射型
  • センサー側手ぶれ補正
    • 5軸対応
    • 最高5.5段分の効果
  • 画像プロセッサー
    • BIONZ XR 2つの異なるプロセッサーユニットを搭載
    • 前モデルに対して最大8倍の処理能力
  • 静止画
    • 最大 34240×2832ピクセル(3:2)
    • JPEG、HEIF(4:2:2対応)、ARW4.0(14bit RAW対応)
    • RAW+JPEG/JAW+HEIF 記録
    • ピクチャープロファイル対応
    • 静止画ドライブモード
    • 最高 10コマ/秒
    • JPEG+非圧縮RAW で1000コマ以上の連続撮影が可能
  • 動画
    • XAVC S (MPEG-4、AVC/H.264)
    • XAVC HS(MPEG-H HEVC/H265)
    • XAVC S-I 4K 3840×2160 4:3:3 10bit 60p、600Mbps
    • All-Intra Long GDP
    • 4K 16bit RAW HDMI出力
    • オーディオ LPCM 4ch 48kHz 24bit
    • ピクチャープロファイル対応
  • 記録メディア
    • SD UHS-II
    • CF Express Type A
    • デュアルスロット
  • AF
    • Fast Hybrid AF (像面位相差/コントラスト)
    • 759ポイント
    • 対応照度 EV-6 〜 EV20 (ISO100 F2.0)
    • 瞳認識、顔優先AF
    • タッチAF対応、MF時にオーバーライド動作たいお
  • 露出
    • 1200ゾーン
    • 対応照度 EV-3 〜 EV20 (ISO100 F2.0)
    • 露出補正 ±5.0EV
  • EVF
    • 0.64型 9,437,184ドッド
    • 視野率100% 倍率 0.90x
    • アイポイント 25mm
    • ファインダーフレームレート STD 60fps 、HI 120fpd
  • LCD
    • 3.0型 TFT
    • タッチスクリーン
    • バリアングル 左右176度、上下270度
  • シャッター
    • フォーカルプレーン 1/8000〜30sec
    • フラッシュシンク 1/250sec
  • フラッシュ
    • マルチインターフェーシュー経由
    • ワイヤレスコントロール対応
    • SONY αフラッシュシステム
  • 新型放熱システム
    • SONY Σ型 グラファイト合金ヒートシンク
    • 従来の5倍の放熱能力
  • インターフェイス
    • USB-TypeC端子 USB3.2 5Gbpsd
    • 3.5mmマイク端子
    • 3.5mm ヘッドホン端子
    • Bluetooth 5.0
    • Wi-Fi
    • USB-Ethernet コンバーターより1000BASE-TのLAN接続が可能
    • Wi-Fi及びLANでのFTP転送が可能
  • バッテリー
    • NP-FZ100
    • 撮影枚数 510コマ(ファインダー)
    • 動画 95分(LCD CIPA)、135分(LCD 連続)
    • USB充電対応 USB給電対応
  • 防塵・防滴対応ボディ
  • サイズ 128.9mm x 96.9mm x 80.8mm
  • 質量 699g(バッテリー、メモリ含)

これまで話題になっていたパッシブタイプの新冷却システムは、シグマ型をした放熱コネクタのようです。
ボディ内手ぶれ補正がある場合、センサーをフローティングさせておかなければならないので、放熱が難しいかったようですが、それをフレキシブルな構造の放熱用の接点パーツを独自に開発されたということですね。

 

公式サンプル動画

 

 

あと1時間後に日本でも正式発表されますが、注目は価格ですね!

でその注目の価格ですが、米国の販売店ではなんと予約時点での実売価格3500ドルとなっています。

先日の欧州での価格情報は4200ユーロでしたが、それより随分安いですね!
日本では40万円を切って来るのでしょうか?

YouTubeにアップされたハンズオンビデオ

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル

コメントを残す