スポンサードリンク

ソニー が超大口径F1.2のGMレンズを年内に出す?という噂が出て来た(SAR)

Pocket
LINEで送る

SonyAlphaRumorsにSONYがf/1.2の超大口径レンズを年内に発表するという噂が出て来ました。

“I got this rumors from one of my best sources: “
Via ‘ RUMOR: Yes, Sony plans to launch the first f/1.2 GM lens this year…if Covid19 outbreak doesn’t get worse – sonyalpharumors (https://www.sonyalpharumors.com/rumor-yes-sony-plans-to-launch-the-first-f-1-2-gm-lens-this-year-if-covid19-outbreak-doenst-get-worse/)

  • 私のベストなソースから噂を得た。
    • このソースは135mm GM、35mm f/1.8 FEと20mm f/1.8 FEレンズの正しい情報を送って来た実績がある。
  • 彼が伝えて来たのはSONYが新大口径f/1.2 GMを2020年内に発表するという情報だ。
    • ただコロナウィルスの流行が今後悪化しなければということも言える。
  • この発言に驚くことは無い。
    • SONYのマネージャー田中氏がf/1.2 FEレンズの可能性についても言及していたからである。

2018年に、EマウントはCanonのRFマウントやNikonのZマウントよりマウント径が小さいことから大口径レンズは可能なのかに対すしてSONYの田中氏が十分に可能であると回答されています。

いよいよそれが現実になるというこtf/1.2レンズが出るとして焦点距離はどのようなレンズになるのでしょうか?
SARのユーザーにサーベイを実施されていますが、現時点ではやはり50mmF1.2GMの要望が高いようですね。

 

順調であれば年内ということですのでSONYユーザーの方は楽しみですね!

 

 

 

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル

コメントを残す