スポンサードリンク

ニコンのプロ向け新ミラーレスZ8 とD850後継機は6500万画素になる?(NR)

Pocket
LINEで送る

NikonRumorsが新型フルサイズミラーレスとD850の後継機に搭載が予測されるイメージセンサーの噂を掲載しています。

“Both the Nikon Z8 and the Nikon D850 replacement are rumored to have a 60MP sensor:”
Via ‘ Nikon Z8 and Nikon D850 replacement rumored to have a 60MP sensor – Nikon Rumors (https://nikonrumors.com/2020/02/25/nikon-z8-and-nikon-d850-replacement-rumored-to-have-a-60mp-sensor.aspx/)

  • Nikon 新Z8及びD850の後継機は6000万画素センサーが搭載されるという噂が流れている。
  • 更に2台のミラーレスカメラが今年中に発表されるだろう。
    • そのうちの1台はハイエンドプロ機(Z8)?となる。
  • Z8はSDとCF Expressデュアルカードスロット、縦位置グリップ、プロ仕様ボディ、高価なカメラとなる。
    • これまでの噂ではデュアルCF Expressカードだった。
  • D850の後継機の前にハイエンドのZミラーレスが発表される。
    • D850の後継機は2020年内の発表は無い、おそらく2021年になるだろう。

NikonRumorsの記事に掲載されているSONYのIMX455AQR センサーのスペックシートは6144万画素となっていますので、これが採用される可能性が高いということですね。



 

Cannonの新フルサイズミラーレス EOS R5 も同様に高画素機になることが予測されています。

次世代のハイエンド機の導入を検討されている方は、PCとそのHDDの増設が必要になりそうですね。

 

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル

コメントを残す