スポンサードリンク

ソニーのカメラ出荷台数の10年間推移のグラフが衝撃的

Pocket
LINEで送る

sonyreconsidered.comというサイトがここ10年のSONYのカメラ販売の推移をグラフにして公開しているということです。

“This graph made by Sonyreconsidered.com shows how the camera unit sales dropped the past decade. In 2019 they sold 10% of the cameras compared to 2010. Pretty dramatic to see!”
Via ‘ This graph shows the 10 year long drop of Sony camera sales! – sonyalpharumors (https://www.sonyalpharumors.com/this-graph-shows-the-10-year-long-drop-of-sony-camera-sales/)

おそらくグラフの数値はカメラ出荷台数だと思いますが、2010年は2400万台だったのが2019年は240万台となんと10分の1!になっているということですね。

当然、10年前はコンパクトデジタルカメラがその台数を支えていた筈ですので、金額ベースにすると状況は異なると思いますが、それにしても10分の1というのは衝撃的です。

SONYですらこの状況ですからおそらく他社も似たような数値になるかとは思いますが、そろそろ底を打って欲しいところですね。

 

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル

ソニーのカメラ出荷台数の10年間推移のグラフが衝撃的」への1件のフィードバック

コメントを残す