スポンサードリンク

9月のミラーレスカメラの販売台数が増加!トップシェアを獲得したメーカーは?(BCN)

Pocket
LINEで送る

「BCNランキング」が9月のミラーレス一眼デジタルカメラの販売台数の結果を発表しました。

“全国の家電量販店やECショップでPOSデータを集計する「BCNランキング」によると、9月におけるミラーレス一眼デジタルカメラの販売台数前年同月比は119.4%を記録、消費増税前の駆け込みの影響で前年を大きく上回った。”
Via ‘ 増税前に売れたミラーレス一眼は? 9月発売の新モデルが存在感 – BCN+R (https://www.bcnretail.com/market/detail/20191007_139996.html)

  • 販売台数前年同月比は119.4%
    • 消費増税前の駆け込みで前年を大きく上回る。
    • キヤノンが119.1%
    • ソニーが139.1%
    • オリンパスが119.2%
  • 9月各週で好調だったのはキヤノン。右肩上がりでシェアを上げ、最終週で40%に迫る。
    • 「EOS Kiss M」が20%を超えるシェアで1位。
    • 「EOS M6 MarkII」が早速11位。
  • ソニーは、高単価のモデルがよく売れている。
    • トップテンで平均単価10万円超は「α6400」と「α7 III」のみ。
    • 「α7R IV」も21位。

日本国内でCanonはミラーレスカメラにおいても着実にシェアの伸ばしているようですね。

ただ、今でも一番売れている(BCNの統計で)のは一眼レフのようです。

先日Nikon もDXフォーマットのミラーレスカメラZ50を発表しましたので、いずれは入門機もミラーレスに置き換わることになるかもしれません。
そしてNikonのミラーレスカメラも頑張ってほしいですね!

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル

コメントを残す